logo

【ご紹介のお願い】"ぴあ映画生活ユーザー大賞2016"大賞は『シン・ゴジラ』に決定!

国内最大級の映画情報サイト・ぴあ映画生活(ぴあ株式会社:東京都渋谷区)では、1月11日に、約200人のユーザー審査員によって選出された“ぴあ映画生活ユーザー大賞2016”を発表しました。



“ぴあ映画生活ユーザー大賞2016”大賞『シン・ゴジラ』
2位 『君の名は。』
3位 『この世界の片隅に』
4位 『オデッセイ』
5位 『ハドソン川の奇跡』
6位 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 
7位 『ズートピア』
8位 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
9位 『怒り』
10位 『殿、利息でござる!』

大賞は、庵野秀明が監督と脚本を務めた『シン・ゴジラ』(2016年7月29日公開)。ユーザー審査員からは、「旧来のゴジラ映画のシリーズとは明らかにスタイルの違う映画で、序盤から“何だろ、これ”と引き込まれる」「今、映画館で観ることに意味がある映画」「庵野監督の集大成!」などのコメントが寄せられました。

今年は、ヒット作が多く、同じ映画を観るために繰り返し劇場に足を運ぶリピーター客を生む作品が多く観られたため、サイトのレビューや大賞での審査員投票も例年になく白熱。作品を楽しんだのはもちろん「自分のお気に入りの1作をさらに広めたい」「自分の推しの1本は上位であってほしい」という想いがこもった審査員コメントが多く届いた。さらに公開日の関係で、最終審査前のベスト50では目立たなかった『この世界の片隅に』と『ファンタスティック・ビースト…』が最終投票で大躍進! 観客の口コミが広がりが早く、最後の最後まで最終順位が読めない展開になった。


審査員のコメント

1位『シン・ゴジラ』
「旧来のゴジラ映画のシリーズとは明らかにスタイルの違う映画で、序盤から“何だろ、これ”と引き込まれる」
「日本の映画界はガラパゴス化していると良く聞いていたので、あまり期待せずに観たのですが、これは衝撃でした」
「ゴジラをハリウッドだけではなく、日本国内でも忠実にリメークしようとした試みは評価できる」
「今、映画館で観ることに意味がある映画」
「庵野監督の集大成!ここまで芸風(?)が変わらずに新作が作り出せる凄さ。 久しぶりに映画って気持ちイイ!!と思えた」
「日本の特撮侮れず!」

2位『君の名は。』
「こんなに心が震えた作品は実写、アニメ問わず初めて」
「何度観ても感動があり、余韻にひたり、心が浄化されたような気持ちにさせられた」
「すばらしい脚本とすばらしい映像で、まさに映画の世界に”没頭”できた」
「新海ワールド炸裂!精緻な映像の美しさと壮大なスケールのストーリー。2016年ナンバーワン邦画なのは間違いなし」

3位 『この世界の片隅に』
「戦時中の日常を描いた優れた作品だと思う。派手さはないが、何気ない日常を大事に生きるメッセージが使わる」
「原作の雰囲気をそのまま映像化されていて、とっても素敵な作品でした。何回でも観たい」
「心が震えた。 世界で唯一の被爆国の日本国民全てが観るべき映画」
「アニメ作品であることを忘れてしまうほど、戦時下の一般人の日常を疑似体験させてくれる、淡々としているのに、思い出し泣きしてしまうような深い深い作品」

4位 『オデッセイ』
「正直、マット・デイモン好きではなかったんですが、ストーリーが面白くてファンになりました」

5位 『ハドソン川の奇跡』
「流石にイーストウッド映画、観客を感動させるテクニックに秀でていると思う」
「変に感動を煽り過ぎず、淡々と進める演出に静かな感動が押し寄せました」
「一切の無駄を排除した、ひたすら、不時着事故の真実に迫っていくシンプルなストーリー展開に途切れることのない迫力があった」


《ぴあ映画生活ユーザー大賞とは》
約20万人が利用しているぴあ映画生活のレビュー投稿者の中から選出された審査員約200人が投票を行い、中間経過としてベスト50作品を選出。その中から再度、審査員約200人による最終投票を行い大賞が決まります。

現在、特設ページには最終結果だけでなく、中間結果ベスト50作品、審査員の全コメントを掲載中です。是非ともニュースとしてお取り上げいただけますと幸いです。

ぴあ映画生活ユーザー大賞2016
特設ページ リンク
中間経過(ベスト50) リンク
最終審査全コメント リンク

■添付画像/コピーライト
『シン・ゴジラ』 / (C) 2016 TOHO CO.,LTD.
『君の名は。』 / (C)2016「君の名は。」製作委員会
『この世界の片隅に』 / (C) こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
ぴあ映画生活ユーザー大賞2016 ロゴ /
(C) 1999-2017 PIA Corporation. All rights reserved.

**************************************************************
<本件に関するお問い合わせ>
ぴあ映画生活 編集部 (平日10:00 - 18:00)
TEL : 03-5774-5265 / Email : support_cinema@pia.co.jp
**************************************************************

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事