logo

ハイスキル人材、昨年一年間のスキルアップ費用2割強が10万円以上

ヘイズ・ジャパン 2017年01月19日 14時00分
From PR TIMES

ヘイズ調査



外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:マーク・ブラジ、以下ヘイズ)は、この度、昨年1年間のスキルアップ自己投資額についてハイスキル人材を対象にインターネット調査を実施しました。

図1: 昨年1年間にスキルアップを目的に使用した額
[画像1: リンク ]

調査の結果、23.7%が昨年1年間で10万円以上スキルアップに投資したと回答しています。(図1)この結果を男女別でみると、男性23%、女性25%となり、女性が若干男性を上回る結果となりました。

スキルアップのために実践した事はという質問については、書籍の購入、セミナーへの参加、e-learningの受講が上位を占めており、ハイスキル人材が様々な方法で自らのスキルアップに積極的に投資している事が浮き彫りとなりました。(図2)


図2: 昨年1年間でスキルアップのために実践した事(複数回答)
[画像2: リンク ]

また、約半数の45.3%が今年一年間でスキルアップの為の自己投資額を増やすと回答しており、男女別でみると、男性では44%が増やすと回答した一方で、女性は50%が増やすと回答しています。ハイスキル人材は常にスキルアップを心掛けており、とりわけ女性の向上心が高いことが伺える結果となりました。

ヘイズが世界33カ国で実施した労働の需給効率調査「グローバルスキルインデックス」では、日本の「人材ミスマッチ」(企業が求めるスキルと人材が持つスキルのかい離)は世界最悪のレベルとなっています。ヘイズでは、こうした調査を通して、企業に対しては人材育成への取り組み強化、ビジネスパーソンに対しては常に自らのスキルをアップデートする事の重要性を提言しています。
リンク

ヘイズは、専門性の高いプロフェッショナルを対象に人材紹介サービスを提供しているリクルートメントのグローバル・エキスパートです。

以上

ヘイズについて
ヘイズ(本社:英国)は、グローバルな人材サービスを提供するスペシャリストの人材紹介会社です。2016年6月30日現在、世界33カ国*、252 の拠点(総従業員9,214人)において、20の専門分野に特化したハイスキル人材サービスを提供しています。(*日本、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、中国、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ドイツ、香港、ハンガリー、インド、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ポーランド、ポルトガル、ロシア、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカ)

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(ヘイズ・ジャパン)について
ヘイズの日本法人として2001年に東京で設立されたヘイズ・ジャパンは、日本で唯一、4つの国内拠点(日本本社、新宿支店、大阪支店、横浜支店)を有する外資系人材紹介会社です。13の専門分野(経理・財務、金融、ファイナンステクノロジー、人事、IT、保険、法務、ライフサイエンス、オフィスプロフェッショナル、不動産、セールス・マーケティング、サプライチェーン、マニュファクチャリング)に精通した経験豊富なコンサルタントが、「正社員紹介」「契約・派遣社員」「採用アウトソーシング(RPO)」「ITソリューションズ(業務委託)」の4つのサービスを提供し、企業の人材採用と個人のキャリアアップを支援しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事