logo

目標利回り(IRR)5.0%の「エコの輪太陽光ファンド」、高利回りの仕組みを徹底解説する資産運用セミナーを開催

エコスタイル 2017年01月19日 13時16分
From PR TIMES

太陽光発電事業を中核とした再生可能エネルギーの普及促進を展開している株式会社エコスタイル(代表取締役社長:木下公貴、本社:東京都千代田区)は、2017年1月20日(金)と1月23日(月)に「太陽光発電ファンドで資産運用セミナー」を開催いたします。本セミナーでは、売電単価が下がる中、当社のエコの輪ファンドがなぜ高利回りでの運用が可能なのか、その仕組みを徹底解説いたします。太陽光発電ファンドに対して、お客様が抱える疑問や不安を全て解消し、資産運用における投資先の一つとして前向きに検討いただけるような内容をご用意しております。



[画像1: リンク ]

             ●詳細URL:リンク

【本セミナーを開催する背景】

 日本では、現在の定期預金の平均金利が0.014%*であるように、長らく超低金利が続いています。その中で、これまで当社で募集を行った「エコの輪ファンド」は、目標利回り(IRR)5%以上でのご提供を実現しており、低金利に負けない新たな資産運用として好評いただいております。
 そこで当社では、太陽光発電ファンドの仕組みを詳細にご説明させていただくことで、「エコの輪ファンドとはどういった仕組みなのか」、「なぜ売電単価が下がり続けても高利回りで運用できるのか」など、お客様が抱える不安や疑問を全て解消し、「エコの輪ファンド」の魅力を知っていただくため、本セミナーを開催するに至りました。
*300万円未満、期間1年の定期預金の平均年利率(2016年12月14日 日本銀行発表)


【太陽光発電ファンド 資産運用セミナー 概要】

[表1: リンク ]


*本セミナーでは、セミナーで紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。

【エコの輪ファンドとは】
[画像2: リンク ]


●太陽光発電の販売施工で実績を積み重ねたエコスタイルが、組成から販売後のメンテナンスまでトータルに運営するファンド商品です。

●20年間適用される「固定価格買取制度*」に基づき、発電した電気を電力会社に売却し、得られた売電収入等から出資者への分配を実施します。

●運用は全てお任せできるので、他の投資商品と比較すると投資テクニックや煩わしいことなしで高利回りを得られます。


*固定価格買取制度:再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が固定価格で一定の期間、買い取ることを国が約束する制度。

【エコの輪 太陽光発電ファンドはこんな方におすすめです】

・「銀行預金は低金利だから、預金の一部を資産運用したい」
・「年金に不安。将来に備えて今あるお金を少しでも増やしたい」
・「働きながら出来る投資スタイルを探している」
・「太陽光投資を考えているが、少額からはじめたい」

◆エコの輪太陽光発電ファンド 顧客属性 ( 2016年1月19日 当社調べ )

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]


【エコの輪 太陽光発電ファンド11号 概要】(2016年1月19日現在、募集中)

[表2: リンク ]


*上記は買取りオプションが行使された場合の数字です。事業の成績により、買取りオプションが行使されず運用期間が5年を超えることがあります(最長20年)。
*目標利回り(IRR)は、当初の事業計画に基づいた予定の数値です。よって、事業の運営状況によって実績値は変動いたします。
*IRR(内部収益率)とは、利益分配と元本償還を併せたキャッシュフロー全体から算出される収益性指標です。
*目標分配率とは運用期間全体で投資家が得る現金の、当初出資金に対する比率(税引前)です。100%で損益がゼロとなります。

【リスク・手数料等について】
■主なリスクについて 当ファンドの出資対象事業である太陽光発電事業は日照、災害等自然環境により収益が変動します。また、機器の故障・性能の低下、諸費用の増加等により、当初想定したよりも費用が増加し、収益性が低下するおそれがあります。当ファンドは、出資対象事業の成果等により損失(元本欠損)が生じることがあります。出資対象事業を行う営業者の経営・財務状況、当該事業を取り巻く環境の変化等により損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。また、当ファンドは中途解約ができず、また、持分の譲渡には一定の制約があり、ほかの有価証券のように自由に転売できない等流動性が低いというリスクがあります。
■手数料等について お申込みの出資金額が50万円に満たない場合、申込手数料として金3,000円を頂戴します。出資金及び申込手数料の払込みに係る銀行振込手数料はお客様の負担となります。また、持分の譲渡時には譲渡手数料として譲渡口数に関わらず金5,000円及び消費税相当額をお支払い頂きます。また、お客様の出資金の払込みが遅延し、契約が解除された場合は解約手数料として申込金額の6%及び消費税相当額が徴求される場合があります。なお、出資者は出資金及び事業から生じる収益から出資対象事業に要する手数料、費用等(営業者報酬を含む)を間接的に負担することになります。

【会社概要】
[画像6: リンク ]

社名   株式会社エコスタイル
所在地  東京本社:東京都千代田区丸の内 1丁目4番1号丸の内永楽ビルディング20階
大阪本社:大阪府大阪市中央区道修町1丁目4番6号 ミフネ道修町ビル3階
設立   2004 年 10 月 5 日
資本金  5 億円
代表者  代表取締役社長 木下 公貴
事業内容 産業用太陽光発電システム販売・施工・メンテナンス
家庭用太陽光発電システム販売・施工・メンテナンス
電力小売事業、再生可能エネルギー発電事業
再生可能エネルギーファンド募集事業、損害保険代理業務
URL   リンク

本件に関するより詳しい内容をご希望でしたら、お気軽にお問い合わせください。
◇取材依頼・お問い合わせ先
株式会社エコスタイル 大阪経営企画室 広報担当 TEL:06-6232-1755

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。