logo

アクセンチュア、ブループリズム社と協業し、RPAソリューションを提供企業の業績向上、従業員および顧客エクスペリエンス向上を支援

ライファイゼンバンク・インターナショナルやサークルKを含む40社以上とすでに契約を締結

【ニューヨーク/ロンドン発:2017年1月5日】
アクセンチュア(NYSE:ACN)は、企業向けロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)ソフトウェアの主要プロバイダーであるブループリズム(AIM: PRSM)と、さまざまな業界の企業に対するRPAソリューションの提供に向け、協業したことを発表します。RPAソリューションは、コスト削減、コンプライアンス強化、生産性向上を目的として、広範な業務プロセスの自動化を支援するものです。すでに国際的な小売企業であるサークルKやオーストリアの協同組合銀行であるライファイゼンバンク・インターナショナルをはじめとする40社以上の企業が、上記目的の達成に向けて、アクセンチュアとブループリズムを選択しています。

今回の協業を通じて、アクセンチュアの世界的ネットワークおよび業界横断的な専門知識とブループリズムのRPAソフトウェア・ロボットが一体となり、次世代の「デジタルワークフォース」を提供します。 なお、本協業の一環としてアクセンチュアは、複雑な自動化プロジェクトに取り組む企業への導入支援を目的として、ブループリズムのテクノロジーとその実装に習熟した600人以上の専門家を認定する計画です。

サークルK ヨーロッパ(旧社名:スタットオイル・ストア社)は、リガとワルシャワのビジネスセンターにおいて、自社のファイナンス、IT、顧客サービス、ガソリンおよび人事のオペレーションを効率化してきました。自動化により、サークルKはサービスの標準化と改善、処理時間の短縮、職場環境の改善を実現しました。

サークルKヨーロッパのビジネスセンターでマネジング・ディレクターを務めるクリスチャン・キェルンズモ氏(Kristian Kjernsmo)は次のように述べています。「RPAによって組織編成や業務配分が変化し、改善計画により時間を費やせるようになりました。定型業務が自動化されたことで、高いスキルを持つ従業員がより魅力的で、やりがいのある仕事へのシフトが可能になり、従業員の満足度と顧客エクスペリエンスの双方が向上するというメリットを生み出すことができました。アクセンチュアは、RPAの検討段階から実装に至るまで常に当社と共に歩み、支援を行ってくれました。」

ライファイゼンバンク・インターナショナルは、14カ国に4万人以上の従業員を擁するヨーロッパの多国籍銀行としてアクセンチュアと協業、業務プロセスの自動化に向けて4カ国でブループリズム技術を実装し、2017年にはさらなる拡大を計画しています。

ライファイゼンバンク・インターナショナルのグループ効率化部門長を務めるマーカス・スタネック氏(Markus Stanek)は次のように述べています。「業績向上の手段としてRPAを検討するなかで、行内で運用、迅速な拡張ができ、さらには2カ月以内に準備、稼働が可能なソリューションが必要でした。アクセンチュアの知見、ならびにブループリズムの企業向けRPAソフトウェアを活用し、行内にロボティクスのセンター・オブ・エクセレンスの早期設立を目指しています。これまで4カ国でRPAプログラムのパイロット運用を成功させており、この成功例をもとに、2017年は引き続きRPAの導入を拡大していく予定です。」

アクセンチュア オペレーションズのグループ・オペレーティング・オフィサーを務めるマニッシュ・シャルマ(Manish Sharma)は次のように述べています。「これまでアクセンチュアは、自動化を通じた新しいビジネス価値の獲得、またテクノロジーの迅速かつ広範な適用による早期の利益確保を支援してきました。今回の協業関係は、アクセンチュアが積み重ねてきた多くの実績の上に築かれています。RPAがもたらすコストや生産性におけるメリットは、企業のオペレーションをよりスマートにし、従業員がより刺激的で戦略性の高い仕事に注力する機会をもたらします」。

ブループリズム社 のCEO兼共同設立者であるアラステア・バースゲイト氏(Alastair Bathgate)は次のように述べています。「アクセンチュアとの協業により、世界中のさまざまな組織に対し、デジタルワークフォースの価値を提供できることを嬉しく思います。すでに40社以上の企業が本協業によるメリットを享受しており、RPAは、業績と生産性向上に迅速に貢献するものとして、注目を集めています」。

エベレストグループのバイスプレジデントであるサラ・バーネット氏(Sarah Burnett)は次のように述べています。「RPAは、コスト、効率、生産性に関して企業に大きなメリットをもたらす可能性があります。RPAベンダーにとって、サービスプロバイダーやシステムインテグレーターとの協業は、世界中で業界横断的に高まっているRPA技術への需要に対応する有力な方法なのです。」

アクセンチュアについて
アクセンチュアは「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供する世界最大級の総合コンサルティング企業です。世界最大の規模を誇るデリバリーネットワークに裏打ちされた、40を超す業界とあらゆる業務に対応可能な豊富な経験と専門スキルなどの強みを生かし、ビジネスとテクノロジーを融合させて、お客様のハイパフォーマンス実現と、持続可能な価値創出を支援しています。世界120カ国以上のお客様にサービスを提供する39万4,000人以上の社員が、イノベーションの創出と世界中の人々のより豊かな生活の実現に取り組んでいます。
アクセンチュアの詳細は www.accenture.com を、アクセンチュア株式会社の詳細は www.accenture.com/jp をご覧ください。

ブループリズムについて
ブループリズムのロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)ソフトウェアは、同社顧客のデータセンターにおいて10億件以上の処理実績を持つ、世界で最も成功を収めているデジタルワークフォースを提供します。ブループリズム(AIM: PRSM)は、最も過酷なアドミニストレーション環境での運用について、多数の有力企業から高い信頼を勝ち得ています。ブループリズムのRPAソフトウェアは、企業が高リスク、手作業、規則的な反復作業を削減するとともに、組織の効率性・有効性の向上と運用コストの抜本的な削減を同時に実現する業務プロセスを大規模に実行するデジタルワークフォースを提供します。ブループリズムは、最高峰のAIと認知技術の活用に向けた拡張可能かつ堅牢な実行プラットフォームを提供し、デジタル企業から高い信頼を得た実証済みRPAプラットフォームとして台頭してきました。クライアントには、BNYメロン、コメルツ銀行、ノルデア銀行、ING、ウエストパック銀行、チューリッヒ、エイゴン、マースク、シーメンス、IBM、プロクター&ギャンブル、ノキア等が名を連ねています。マンチェスター、ロンドン、マイアミ、シカゴ、ニューヨーク、サンフランシスコにオフィスを構え、ロンドン証券取引所のAIM 市場に上場しています。詳細情報は www.blueprism.com の他、LinkedInとTwitterも併せてご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。