logo

イケアのワイヤレス充電器シリーズが全11種類上陸 「iFデザインアワード2016」を受賞したワークランプも~充電行為が暮らしの自然な一部になるように~

イケア・ジャパン株式会社 2017年01月19日 13時00分
From PR TIMES



「より快適な毎日を、より多くの方々に」をビジョンとするスウェーデン発祥のホームファニッシングカンパニー イケアの日本法人イケア・ジャパン株式会社(本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:ヘレン・フォン・ライス)では、北欧や北米で先駆けて販売していた人気のワイヤレス充電シリーズを全11種類入荷し、全国のイケアストアで販売を開始しています。

多くの人スマートフォンなどの携帯端末の充電避けて通れ。そこで、イケアは手軽に充電できる場所をもっと増やし、家の中に自然に溶け込むデザインで、充電行為が暮らしの自然な一部になるようにしました。家の中で決して目立たず、あったらいいなと思う一番の場所に設置することができます。電源を探し回ったり、絡まってしまうケーブルに悩むこともありません。
[画像1: リンク ]



充電パッド から 充電機能付き家具 まで
イケアのワイヤレス充電器シリーズは、シンプルな充電パッドはもちろん、ワイヤレス充電器を組み込んだ家具まで幅広く揃えていて、充電する場所の選択肢を広げてくれます。
国際的なデザイン賞「iFデザインアワード2016」を受賞したRIGGAD/リッガド ワークランプは、充電器を内蔵したランプベースの上に携帯端末を置くだけで、充電が可能に。またワイヤレス充電機能付きのVARV/ヴァルヴ テーブルランプがあれば、携帯電話の電池切れで朝のアラームが鳴らなかったということもなくなります。さらにワイヤレス充電器が搭載されていない家具でも、JYSSEN/ユッセン ワイヤレス充電器を組み込んで、他にはないユニークな充電スポットをつくることが可能になります。

[画像2: リンク ]

-イケアのワイヤレス充電器シリーズ 商品一覧
www.IKEA.jp/wireless_charge
[画像3: リンク ]


「iFデザインアワード」について
「iFデザインアワード」は、特に優れたデザインの工業製品の認知度を高めることを目的に、1953年にドイツで創設されたデザイン賞。今では世界で最も権威あるデザイン賞の1つとなっています。今年度の応募者数は2,458組、エントリー数は5,295件にのぼっています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事