logo

KDDIとハウステンボス、新技術を活用したサービス開発に関するパートナーシップを締結 2017年1月19日(木)

ハウステンボス株式会社 2017年01月19日 11時01分
From PR TIMES

~第1弾として、ドローンレースへの協賛や、ドローン撮影サービス実証実験等を実施~

ハウステンボス株式会社(本社:長崎県佐世保市、代表取締役社長:澤田 秀雄、以下ハウステンボス)とKDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中 孝司、以下KDDI)は、2017年1月19日に、コンシューマサービス分野におけるパートナーシップについて、MOU (覚書) を締結しました。
今後、両社はドローンなど、新技術を活用したコンシューマ向けの新たな体験価値の提供に向け、ハウステンボスの施設・アトラクションとKDDIの4G・5Gネットワークやクラウドサービスなどを組み合わせて、実証実験やサービス検討を進めていきます。

取り組みの第1弾として、2017年2月17日から2017年2月19日に、ハウステンボスと一般社団法人日本ドローンレース協会が開催する、日本初の夜間ドローンレース「ジャパン・ドローン・チャンピオンシップinハウステンボス」に協賛し、通信を活用したより魅力的なドローンレース実現に向けて、共同で検討していきます。
また、今後は、ハウステンボス来場者向けに、場内を背景に魅力的な映像/画像を撮影するドローン撮影サービスなどの実証実験を行います。
さらに、KDDIのオープンイノベーションを生み出すことを目的としたスタートアップアクセラレータプログラム「KDDI ∞ Labo」のノウハウを活用し、モバイル通信ネットワークを利用する「スマートドローン」を活用した新サービスをテーマとしたアイデアソンを、2017年2月18日・19日の2日間にわたり、ハウステンボスで開催します。今後、KDDIとハウステンボスは、両社の技術や事業を活かしてドローン等新技術を活用したお客様への新たな体験価値の提供の実現を目指していきます。

1. 「ジャパン・ドローン・チャンピオンシップinハウステンボス」について
日本初となる夜間ドローンレースで、パイロットは、機体に搭載されたカメラの映像をヘッドマウントディスプレイで見ることで、時速150kmを超えるドローンを操作するスピードレースです。その他、目視飛行レーシングやLEDイルミ―ション空撮コンテントも実施します。
【開催概要】
日時  :2017年2月17日から2017年2月19日まで
会場  :パレス ハウステンボス庭園(レース)、ハウステンボス場内全域(空撮コンテスト)
出場者 :40名(2017年1月16日時点)
観戦方法:パレス ハウステンボス入場者は観覧自由
主催  :ハウステンボス株式会社、一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)
詳細は、WEBサイト(リンク)をご参照ください。

2.「KDDI ∞ Labo × スマートドローン・アイデアソン in ハウステンボス」について
KDDIが取り組んでいるスタートアップアクセラレータプログラム「KDDI ∞ Labo」の運営ノウハウを活用し、モバイル通信ネットワークを利用する「スマートドローン」をテーマとして、アイデアソンをハウステンボスで実施します。最優秀チームには、20万円分の商品券を贈呈します。
【開催概要】
日時   :2017年2月18日・19日
場所   :ハウステンボス(長崎県佐世保市)
テーマ  :モバイル通信ネットワークを利用する「スマートドローン」を活用した事業アイデア
参加定員 :16名
参加費  :ハウステンボスへ無料ご招待。下記を提供させていただきます。
      ・羽田空港からハウステンボスまでの往復交通
      ・ハウステンボス隣接「変なホテル」宿泊
      ・ハウステンボス内「変なレストラン」夕食
特典   :ハウステンボスで同日開催のドローンレース決勝観戦
応募方法 :応募期間中、特設WEBサイト(リンク)よりご応募いただけます。
※応募者多数の場合、応募内容をもとに選考の上、当選された方へ事務局よりご連絡します。
応募期間 :2017年1月19日から2017年2月5日まで
主催   :KDDI株式会社
会場協賛 :ハウステンボス株式会社
詳細は、特設WEBサイト(リンク)をご参照ください。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事