logo

ブラザー初の全色顔料ベースインク搭載モデルが登場!A3ビジネスインクジェット複合機「PRIVIO」3機種新発売

ブラザー工業株式会社(社長:小池利和)の国内販売子会社であるブラザー販売株式会社(社長:三島勉)は、インクジェットプリンター「PRIVIO(プリビオ)」の新製品として、ブラザー初の全色顔料ベースインク※1を搭載したことでビジネス文書の印字品質が向上したA3ビジネスインクジェット複合機3機種を2月上旬より発売します。



ブラザーは、2008年にA3プリント&A3スキャンが可能でありながら、机の上に置けるコンパクトな本体サイズのインクジェットプリンターを市場に投入して以来、ビジネスシーンにおけるインクジェットプリンター需要拡大のための活動・提案を行ってきた。今回、印字品質や耐久性を強化しつつ低コストを実現した新製品を投入することで、従来機種よりプリントボリュームの大きい層への販売を強化していく。
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

●製品特長
本体刷新でビジネス品質向上

1. 全色顔料ベースインク搭載でビジネス文書の印字品質向上
・・・全色顔料ベースのインクを搭載したことで、文字やグラフがくっきり鮮明に印字できるようになり、ビジネス文書に適した印字品質を実現。


2. 従来機種の約1.5倍となる約15万ページの装置寿命を実現
・・・装置寿命が約10万ページから約15万ページ※2に向上。また、堅牢性の高い本体デザインに刷新したことで、大量印刷でも安心して使える。
[画像3: リンク ]



3.ファーストプリントの時間がカラー6.0秒、モノクロ約5.5秒に進化
・・・1枚目の印刷時間がA4カラーは約9.5秒から約6.0秒、A4モノクロは約9.0秒から約5.5秒※3に進化。印刷の待ち時間を短縮することで、業務の効率化に貢献する。

1枚あたりカラー約4.0円・モノクロ約0.9円の低ランニングコストを実現
・・・従来機種のA4カラー約6.1円・A4モノクロ約1.4円から、A4カラー約4.0円・A4モノクロ約0.9円※4※5と低ランニングコストを実現。さらに、カラー約1500枚・モノクロ約3000枚※6印刷可能な大容量カートリッジを搭載したことで、インク交換の回数削減が可能に。

●製品詳細
[画像4: リンク ]

※1:マゼンタには一部染料が含まれている。
※2:解像度:普通、環境:常温常湿、片面印刷時、印字パターン:ISO/IEC 24734。ブラザー社内環境においての計測結果に基づく。
※3:解像度:普通、環境:常温常湿、片面印刷時、印字パターン:ISO/IEC 24734。ブラザー社内環境においての計測結果に基づく。PC上で印刷ボタンをクリックしてから1枚目の用紙排出が完了するまでの時間。印刷データによってパフォーマンスが変わることがある。
※4:MFC-J6995CDW専用インク(LC3129BK/C/M/Y)の場合。
※5:測定データおよび測定条件についてはホームページ参照。
※6:MFC-J6995CDW専用インク(LC3129BK/C/M/Y)とMFC-J6980CDW/6580CDW対応大容量インク(LC3119BK/C/M/Y)の場合。
※7:突起部を除いた本体サイズ。

<お客様 お問い合わせ先>
サポートサイト(ブラザーソリューションセンター) URL:リンク
ブラザーコールセンター TEL:0570-061017

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事