logo

Plustek、2017年にあなたのオフィスをアップグレードする

Plustek Inc. 2017年01月18日 18時26分
From PR TIMES

スキャナー製品ファミリーを発表



2017年1月18日、台湾、台北 – 世界トップクラスのイメージング及びオフィスドキュメントソリューションプロバイダであるPlustekは新たな年を迎えたことに興奮しており、家庭やオフィスにスキャナーの導入を計画している全ての方々に、ホームおよびオフィス向けスキャナー製品のラインナップ情報をシェア出来ることを光栄に思います。これらの製品により、思い出を楽しんだり、ドキュメントを保管することが簡単に素早く出来るようになります。

Plustek OpticFilmシリーズ スキャナー
Plustekの35mmおよび中型フィルム用のフィルム/フォトスキャナー製品はネガやスライドをデジタル化するツールでスキャンすることを必要とするエキスパートのためにデザインされています。OpticFilmシリーズは、仕事またはプライベートのコレクションをデジタル化したい、プロの写真家/グラフィックデザイナーやアマチュア写真家に最適な製品です。

このシリーズに含まれるモデルは、ePhoto Z300、OpticFilm 120、OpticFilm 135、OpticFilm 8100、OpticFilm 8200i AiおよびOpticFilm 8200i SEです。

OpticFilm 120

[画像1: リンク ]

OpticFilm 8100

[画像2: リンク ]


Plustek OpticBookシリーズ スキャナー
Plustekはまた本のデジタル化のためのブックスキャナー製品も提供しています。特許出願中の 陰影除去原理(SEEテクノロジー)を搭載し、Plustek OpticBookスキャナーは歪みや影の無いイメージを提供します。

このシリーズに含まれるモデルは、OpticBook 4800、OpticBook A300およびEZ BookScan Centerです。

OpticBook 4800

[画像3: リンク ]

OpticBook A300

[画像4: リンク ]


Plustek ePhoto Z300 スキャナーを勝ち取れ
Plustekが開催中のイベントでePhoto Z300スキャナーを獲得するチャンスをゲットし、10台のうちの1台をあなたの家に持ち帰りましょう。簡単に参加可能です!! 以下のステップに従って下さい:

参加方法
1. 全てのPlustekスキャナー製品の所有者様が参加可能です
2. こちらのウェブにアクセス リンク
3. どのように製品をお使いかとPlustek製品のインプレッションを記入
4. お使いの製品(No.3で記入した製品)を選択
5. その他の必要情報を記入

イベントは2016年12月1日から2017年2月28日まで実施されます。

Plustekは10名の当選者を選出し、これらの方々の製品使用経験とインプレッションをPlustekウェブサイトにてシェアします。当選者の方々には、新しいePhoto Z300スキャナーを進呈致します。

The Plustek ePhoto Z300

[画像5: リンク ]

Plustek ePhoto Z300は素早く簡単に使えるフォトスキャナーであり、 直感的なユーザーインターフェースと最大10枚の高速連続スキャン/処理により、迅速かつインテリジェントに画像を処理出来ます。ソーシャルメディアツールを内蔵しているので、写真を素早くシェアしたりアップロード前にイメージを調整したり出来ます。

ePhoto Z300はコンパクトでスタイリッシュなデザインで、デスクの上で邪魔にならない優れた製品となっています。

仕様

[画像6: リンク ]


Plustek ePhoto Z300スキャナーの詳細についてはこちらのリンクをご覧下さい: リンク

イベントへの参加はこちらのウェブから リンク

CyberMedia Press Centerでもっとニュースを見るなら: リンク

ABOUT PLUSTEK
ワールドクラスのイメージングおよび監視ソリューションプロバイダーの一つであるPlustekは、ハイクオリティーなプロフェッショナルスキャナーの生産だけでなく、ビジネス/プロフェッショナルおよびコンシューマ向けセキュリティデバイスの生産でも著名です。ビジネスを開始した1986年から、Plustekはドキュメント、写真、グラフィック、IDカード、モバイルおよびブックスキャナーといったスキャナー製品を幅広く開発してきました。顧客のニーズを満たすことにフォーカスし、ユーザーが紙の山を使いやすく検索可能な情報へと変換しファイルとしてサーバーにバックアップすることを手助けするFMS(ファイルマネジメントシステム)の開発も行ってきました。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。