logo

OracleとPwCが提携し比類のないIFRS9コンプライアンスの専門技術・知識を提供

Oracle 2017年01月18日 12時30分
From 共同通信PRワイヤー

OracleとPwCが提携し比類のないIFRS9コンプライアンスの専門技術・知識を提供

AsiaNet 67157 (0083)

【レッドウッドショアーズ(米カリフォルニア州)2017年1月17日PR Newswire=共同通信JBN】
この提携によって、銀行は新しい報告基準の採用が容易になる

Oracle Financial Services Analytical ApplicationsとPwCは17日、世界的な提携を結び、高度技術、実装、コンサルティングのソリューションを提供し、金融機関が国際会計基準審議会(IASB)の新しいIFRS9、および米財務会計基準審議会(FASB)が提案する現在予想信用損失(CECL)報告基準によって短期および現行のコンプライアンスを順守することを支援すると発表した。

この提携によって、プレビルドされた規則、メソッド、報告を提供するOracleのソフトウエアおよび分析ソリューションは、PwCのコンプライアンス・コンサルティングおよび履行専門知識と一体化する。提携した両社は、銀行が2018年までに準拠しなければならない新しいIFRS9会計基準に関連するあらゆる要件のインサイト一式を金融サービス・クライアントに提供する。

Oracleは、実装の際に特定顧客の要件向けに設定可能なプレビルドされたモデルおよび規則を内蔵する分析アプリケーションを提供する。Oracle PartnerNetworkのDiamondおよびCloud EliteメンバーであるPwCは、IFRS9メソドロジーおよびOracleの分析アプリケーションの実装に関するコンサルティングアドバイスを提供し、クライアントのIFRS9ソリューション実装を支援する。

Oracleの上級副社長兼Financial Services Global Business Unitゼネラルマネジャーであるソニー・シン氏は「IFRS9の実装は金融機関にとって難題をもたらし、それを管理できないと最終的な収益に実質的影響を及ぼす。PwCと提携することによって、われわれは当社のクライアントに総合的な技術ソリューションに加え、深い戦略的洞察力を提供できる。これは市場では比類がない」と語った。

OracleおよびPwCのIFRS9コンプライアンス提供製品の主要な機能は以下の通り。
*ステージ識別、キャッシュフロー算出、倒産確率(PD)期間構造モデリング、予想信用損失(ECL)計算など主要なIFRS9要件をみたすためのプレビルドされた規則分析およびモデル

*関係法規や会計アプリケーションを統合する柔軟性に加え、既存のクライアント技術を容易に拡大できるモジュラー設計の統合プラットフォーム

*会計レベルのステージ割り当てのための規則を見つけ、それを実行する能力

*POCIアセットを含むすべてのアセット部門の予想損失引当金の算出ためのモデルの開発、較正、実装

*その時点のPD調整、ライフタイムPD、LGD、EADおよびマクロエコノミクス要因、EIR/EISおよびクレジット調整EIRのための最先端クレジットリスク・モデル

*技術環境が業界基準および標準化によってより実効的かつ効率的になることを確保することに役立つツール

PwCの上級パートナー兼IFRS9グローバルリーダーであるコリン・ブレアトン氏は「金融機関はすでにPwCとOracleに依存し、IFRS9コンプライアンスを理解している。今後、Oracleの技術と一体化したわれわれの業界向けビジネスプロセス・インサイトはクラス最高のIFRS9ソリューションを提供する。われわれはともに経験と洞察力を適切に織り交ぜながら金融機関独自のコンプライアンスのニーズに応える」と語った。

▽Oracleについて
Oracleは総合的で完全一体化した多数のクラウド・アプリケーションとプラットフォームサービスを提供する。Oracle(NYSE:ORCL)に関する詳細はウェブサイトwww.oracle.com を参照。

▽Oracle PartnerNetworkについて
Oracle PartnerNetwork(OPN)はOracleのパートナープログラムで、Oracleソリューションの開発、販売、実装における差別化された便宜をパートナーに提供する。OPNはOracle製品およびソリューションの専門的知識のトレーニングおよびサポートのリソースを提供し、拡大するOracle製品ポートフォリオ、パートナー層、ビジネスチャンスの評価を高めるまでに進化した。最新のOPN強化のキーポイントは、顧客がOracle Cloudへの投資によって評価され、見返りを受けることができることである。Oracleと提携するパートナーはOPN Cloudプログラムを通じて、顧客とともにOracle Cloud専門知識を差別化し、成功させることができる。OPN Cloudプログラムは革新的なプログラムであり、Oracle Cloudと提携するパートナーのさまざまな評価および漸進的な利益によって、既存のOPNプログラムのレベルを補完する。詳細はウェブサイトリンク を参照。

▽PwCについて
われわれPwCは、社会で信頼を構築し、重要な課題を解決することを目的としている。われわれは157カ国で22万3000人を擁する企業のネットワークであり、アシュランス、コンサルティング、税務における卓越性を提供することにコミットしている。詳細はウェブサイトwww.pwc.com を参照し、意見を投稿していただきたい。

商標
OracleとJavaはOracleおよび/あるいはその子会社の登録商標である。

PwCはPwCネットワーク、および/あるいはメンバーファームの1社ないしは数社の総称であり、各メンバーは独立した別法人である。詳細はウェブサイトwww.pwc.com/structure を参照。

ソース:Oracle

▽問い合わせ先
Alex Moriconi
Oracle
+1-650-722-0678
Alex.Moriconi@Oracle.com

Christopher J Ward
PwC - Global
+44(0)7843367375
christopher.j.ward@pwc.com

Dario Cziraky
PwC - UK
+44(0)7702699200
Dario.Cziraky@pwc.com


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。