logo

「ジョルダン乗換案内Biz」を標準搭載したセルフサービス統合クラウド「ManazeOZO3」が経費管理機能を強化

ジョルダン株式会社 2017年01月18日 12時00分
From 共同通信PRワイヤー

2017/1/18

ジョルダン株式会社

日本最多の公共交通経路検索対応の「ジョルダン乗換案内Biz」を標準搭載したセルフサービス統合クラウド「ManazeOZO3」が経費管理機能を強化

 ジョルダン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐藤 俊和、以下 ジョルダン)は、株式会社ITCS(本社:愛知県名古屋市中村区、代表取締役:深見 和久、以下 ITCS)が2016年7月からクラウドサービスとして提供を開始した「ManageOZO3」向けに、2016年12月のリリースから当社の法人向け乗換案内製品「乗換案内Biz」の提供を開始いたしました。

 「ManageOZO3」の経費管理機能では、これまで手入力で行っていた駅名や運賃等の情報を自動的に取り込むことが可能になり、精算業務の効率化に繋がります。
 また、今後の機能拡張として、通勤定期区間を登録することで、通勤定期区間を通る経路を移動した場合の定期区間を控除する機能も搭載予定であり、経費節減にも貢献いたします。

 今後も弊社では、様々なソリューションとの連携により、企業の生産性効率を向上するソリューションを提供して参ります。


◆「乗換案内Biz」について
 「乗換案内Biz」は、「乗換案内」の法人向け商品です。経路検索結果を他システムと連携することで、入力者の負担軽減と効率化を実現しています。旅費精算システムやワークフローシステムとの連携を中心に、民間企業様、自治体様、官公庁様などの多くの方々に広くご活用いただいている商品です。


◆「ManageOZO3」について
 「ManageOZO3」は経費、勤怠、稟議申請などのセルフサービスが統合されたクラウドサービスです。「まとめる」、「つながる」、「知らせる」をポイントとした使いやすいUIで、株式会社オービックビジネスコンサルタント社が提供する「奉行シリーズ」などの基幹システムとの連携実績も豊富にあります。 社員の生産性と業務品質を向上する目的に導入され、前身の製品版から累計で300社導入、80,000ライセ ンスの出荷実績があり、業務管理、運用管理がしやすいという評価をいただいています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事