logo

メルクがスペインにメグルミン専用の製造施設を開設

Merck 2017年01月18日 10時30分
From 共同通信PRワイヤー

メルクがスペインにメグルミン専用の製造施設を開設

AsiaNet 66986(1670)

【ダルムシュタット(ドイツ)2017年1月18日PR Newswire=共同通信JBN】
*スペインのモレット・デル・バレスを拠点とする規制対応の米食品医薬品局(FDA)監査済み施設
*メグルミン(meglumine)生産に特化した欧州唯一の施設

有力なサイエンス・テクノロジー企業であるメルク(Merck)(リンク
index.html )は12日、薬剤用にFDAが認可した賦活剤であり、画像診断用造影剤の成分にもなるメグルミンの製造に特化した施設をスペインのモレット・デル・バレスに開設したと発表した。

Photo - リンク

FDAから認められ、グルコースから抽出されるアミノ糖であるメグルミンを製造する欧州で唯一の施設である。スペインの施設はメグルミンに限定して生産するもので、賦活剤を継続的に顧客に供給するとともに需要増に対応することを保証する。メグルミンは賦活剤として、溶解度を強化するため有効な医薬品成分と直接相互作用する。従って賦活剤の製造は、同様に厳格な医薬品有効成分(原薬)(API)としての規制上および品質状の必要条件を満たさなくてはならない。

メルクLife Science事業部門のProcess Solutions Strategic Marketing & Innovation責任者であるアンドルー・バルピン氏(リンク
.html )は「われわれの新しい施設は、メグルミン製造のためより大きな効率を達成するよう製造プロセスが最適化され、最も厳格な品質基準を満たす。その成果は、品質に対する高水準の信頼性と顧客への確実な供給である」と語った。

メルクのすべてのニュースリリースは電子メールで配信されると同時に、メルクのウェブサイトにも掲載される。オンラインでの登録、このサービスの選択変更・中止はwww.merckgroup.com/subscribeを参照。

▽メルク(Merck)について
メルクはヘルスケア、ライフサイエンス、パフォーマンスマテリアルズの分野におけるサイエンスとテクノロジーの大手企業である。がんや多発性硬化症を治療するためのバイオ医薬品療法から、科学研究と生産に関する最先端システム、スマートフォンや液晶テレビ向けの液晶材料に至るまで、約5万人の従業員が暮らしをより良くする技術の一層の進歩を目指している。メルクは2015年、66カ国で128億5000万ユーロの売上高を計上した。

メルクは1668年に創業した世界で最も歴史の長い医薬・化学品会社である。創業家は今でも上場企業が率いるグループの株式の過半数を保有している。メルクの名称およびブランドのグローバルな権利は、同社が保有している。唯一の例外は米国とカナダで、両国では同社はEMDセローノ、ミリポアシグマ、EMDパフォーマンスマテリアルズとして事業を行っている。

ソース:Merck

▽問い合わせ先
Neetha Mahadezan
+49 6151 72 6328

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事