logo

国内No.1チョコレートシェアの明治が予測する、バレンタイン予測 2017

株式会社明治 2017年02月22日 20時21分
From 共同通信PRワイヤー

株式会社明治

10代から70代の男女2,000人の声からわかった
2017年のバレンタイン動向
バレンタイン予測 2017
国内No.1チョコレートシェアの明治(※)が予測。
今年のバレンタインの6つの傾向。
(※)出典:株式会社インテージSRI(全国チョコレート市場)2014年4月から2015年3月累計メーカー販売金額

株式会社 明治(代表取締役社長:川村 和夫)は、首都圏・中京圏・関西圏の10代から70代の男女2,000人を対象に、バレンタインに関する意識と実態調査を行いました。その調査結果から、今年のバレンタインの傾向を予測します。

【予測(1)】
◆男性70代のチョコもらう率は20代と同率に。健康チョコを贈り合うかも◆
アクティブシニアはバレンタインもアクティブ。シニア女性の4割がバレンタインに参加。
70代男女の6割がバレンタインに健康チョコを希望。

【予測(2)】
◆本命手作りチョコは準備じっくり・事前リサーチ重視の時代へ◆
女性があげる本命チョコは「手作りチョコ」が人気第1位で「1ヵ月以上前」から準備。
恋人にあげるチョコは準備期間が最長。

【予測(3)】
◆バレンタインを一緒に体験したい、『チョコパ』がブームの兆し◆
バレンタインは、相手と一緒にチョコを手作り体験したいし、一緒の時間を共有したい。

【予測(4)】
◆渡す時間でわかるかも 朝チョコ・夕チョコ・夜チョコ◆
朝チョコ:あっさりサクッとあげる義理チョコ 
夕チョコ:みんなでワイガヤの友チョコ 
夜チョコ:2/14の夜に2人だけの時間で手渡す本命チョコ。

【予測(5)】
◆格差広がる 本命チョコはバブル復活かも?◆
恋人へのチョコは2,501円と最高値。“BEAN to BAR”など高価格チョコが影響か。
夫へのチョコは恋人より千円ダウンの1,584円に。

【予測(6)】
◆欲しければ 優しくしてね 日ごろから◆
男性の3割はバレンタインにチョコがもらえないと肩身が狭いと感じ、
チョコをもらえる男性は、もらえない男性に比べ、日ごろから親切で褒め上手。


【調査概要】
■実施時期 2016年12月14日(水)~12月16日(金)
■調査手法 インターネット調査
■調査対象
●事前調査:首都圏(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)・中京圏(愛知県、三重県、岐阜県)
      関西圏(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)在住の15歳から74歳の男女12,792人
●本調査:今年のバレンタインでチョコを渡す・もらう予定の首都圏・中京圏・関西圏在住の15歳から74歳の男女2,000人


※各予測、調査の詳細はリリースをご覧ください。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。