logo

HTML&CSSコーデイング教育用ソフトを開発。スクール向けにフリーソフトを公開。コードの構造図そのものを入力する手法で分かりやすく、参考書の内容をそのままコード化しHP制作にカスタマイズ可能。

株式会社図面ソフト 2017年01月17日 16時00分
From DreamNews

【概要】
CADソフトを開発してきた株式会社図面ソフトは、HTML&CSSコーディングソフト『PartsHP(Reach)』を教育用に開発しフリーソフトとしてリリースしました。著名な参考書の内容をそのままソフト上で学習可能。またその内容をカスタマイズしてHP制作に使用可能。図面ソフトではPartsHPを使用してのコーディングの無料講習会を開催します。
【コンセプト】
本格的なHTML&CSSのコーディングを行う場合、最終的にDreamweaverのようなオーサリングツールを使用することが多いのですが、その前にHTML&CSSやjQuery等を正しく理解する必要があります。
そこでPartsHPでは、HTML&CSSの構造を分かりやすく理解するべく、入力はソフト上でタグの部品を配置(トレース)することによって入力し、CSSと連携するようにしています。
 プログラマーは書籍で学習します。そこでPartsHPでは著名な参考書をそのまま学習し、なおそのままWEB制作に使用できるようにしました。
そこで以下のように分類し学習
(1) HTML&CSSの入門
(2) WEB基本的な制作の流れ
(3) 個別コンポーネント部品
(4) レシポンシブサイトの制作
(5) グラフィック関連補足
 PartsHP(Reach)は教育ツールとしてできるようにフリーソフトとして公開しました。
なお、図面ソフトでは無料講習会の開催およびスクールへの協力を考えています。

『HPを制作するのはどうして難しいのか?』
それはHTML&CSS等がコードである⇒見ただけでは内容が把握できない。
内容を簡潔に表すだけのコードはマシンには好都合ですが人にはなじみません。
この問題に真っ向から取り組んだ形がPartsHPです。
かつてHP制作ビジネスを開始しようと考え、一般に使用されているコーディングソフトを試してみたところ内容が難しくあくまでもテキストコード主体に考えているソフトを一般のスタッフに教えることは困難でした。 そこで思い切って0からソフト開発をすることにしました。
まず考えたのが、コードの構造と入力画面を如何に一致させるかということ。
HPの構造を説明する際に使用する図、それをそのままの形で表現できないかということでした。
そしてその形の入力でHTML&CSSを出力し基本的にコード入力はしない。
・このようにすればデザイナにもなじんでプログラマとデザイナの垣根がなくなるのではないか。
・最初から画面でHPの最終形をイメージして作業が可能でストレスがなくなる。
・内容が把握しやすくなるということは後々メンテが楽⇒コスト削減。

【連絡先】
URL:リンク
Mail:info@zumensoft.co.jp
TEL/FAX:097-574-4930/097-574-4931
〒870-0805 大分県大分市上白木8
株式会社図面ソフト


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。