logo

業界初、年収400万円以上の転職保証!即戦力のエンジニア育成プログラム「Webスク」が新開講。

株式会社インフラトップ 2017年01月17日 16時10分
From PR TIMES

~スキル習得から転職までワンストップサポートを実現~

この度、株式会社インフラトップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大島礼頌、以下弊社)が運営している「Webスク」(リンク)が平成29年2月1日(水)よりフルリニューアルいたします。
「400万円以上の転職保証」、「転職できない場合は全額返金」が可能となり、エンジニアとして転職を希望される方に向けたサービスに生まれかわりました。



[画像1: リンク ]


Webスクとは、2015年1月の開始から2年が経過した、半年間でプログラミングスキルを習得するスクールです。今回のフルリニューアルにより、「400万円以上の転職保証」、「転職できない場合は全額返金」、「通い放題+週1回の講義」の3つが可能となり、エンジニアとして転職を希望される方に向けたサービスに生まれ変わりました。プログラミング基礎から、開発案件の実務体験までカリキュラムに含まれており、未経験から半年間で転職が可能となる実践的なレベルまで力を引き上げることが可能となっております。

適切に技術を身につけたエンジニアの需要は高く、プログラミングが義務教育となる2020年には、37万人ものエンジニアが不足するといわれています。スマホやタブレット、IoTの普及により、エンジニアの需要は伸び続け、これからの時代を作り上げていくエンジニアの活躍の場は増えていくと言われています。


技術を身につければ、企業に「頼る」生き方から卒業し、企業に「頼られる」側に回り、自分の人生を主体的に決めることができるようになります。Webスクを通して、そのような人生の転換点を提供していきます。

インフラトップはこれからもプログラミングの学びを、どこよりも丁寧に、受講者に合った形にしてご提案してまいります。

■サービス概要
サービス名称 :「Webスク」
サービス開始日:2017年2月1日(水)
ターゲット:
・将来性のあるスキルを身につけたい方
・ここで人生を変えたい強い意志のある方
・6ヶ月間、最後までやり遂げられる方
・32歳以下の方(※必須条件)

■サービス特徴
1)実務がつめる実践的なカリキュラム
半年間で、フロントエンド・バックエンド・サーバー設計を学びます。
最後の1ヶ月では、実務体験として、プロの講師と一緒にRailsを用いたバックエンド開発を行います。

2)"年収400万円以上のキャリアを保証"
卒業後3ヶ月間の間、転職を支援いたします。適正面談やご希望のカウンセリングを通して400万円以上の転職を保証いたします。
学習システム上で、個人の学習ログの分析から習得スキルの可視化がされ、スキルレベルの高い受講生には登録企業からのスカウトがあります。

3)転職できなかった場合は受講料を”全額返金”
受講条件を満たし、6ヶ月間のカリキュラムを達成した方には400万円以上での転職を保証します。万が一転職できなかった場合は全額返金いたします。
※返金条件を満たした方のみ

▼サービス提供モデル(カリキュラム詳細)

[画像2: リンク ]

■返金条件
規定の学習時間、通学日数、講義内課題、実務課題を満たした方のみ適用いたします。
※講義内課題8つ、実務課題2つ、最低10個の課題を必ず完了していること
※週20時間以上の通学を必須とする
※16回行われる講義の中、自己都合で3回欠席した場合は対象外
(その他詳しい条件についてはお問い合わせください)

■Webスクについて
Webスクは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念を掲げ、累計2000名を輩出する、株式会社インフラトップが運営するプログラミングスクールです。

Webスクは、半年間のカリキュラムを通じで即戦力のエンジニアを目指します。「スキルを学んで終わり」ではなく、「学んだことを、どのようにキャリアへ活かせるか」を追求しています。無料のキャリア面談や、イベント、人材紹介を通じて、インターン・新卒採用・転職者を輩出してきました。今後は、実務体験を重視したカリキュラムにリニューアルし、400万円以上の転職保障で、よりキャリアに直結したスクールとして進化していきます。

■詳細はこちら
リンク

■株式会社インフラトップ 会社概要
社名:株式会社インフラトップ リンク
本社所在地 :〒150-0044 渋谷区円山町20-1 新大宗円山ビル11F
設立年月日 :2014 年 11 月 19 日
資 本 金:1,500万円
代表者:代表取締役 CEO 大島 礼頌(おおしま あやのぶ)
事業内容:プログラミング教育事業、人材紹介事業、Webサイト制作事業

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事