logo

エイチアイ、移動体向けの車両情報伝達ソフトウェア「exbeans(R)VI Transfer」を開発

アートスパークホールディングス株式会社 2017年01月17日 16時00分
From PR TIMES

-車両情報を使用したアプリケーションの構築が可能に-

アートスパークグループの株式会社エイチアイ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:青山智信、以下、エイチアイ)は、ブランド展開を行うexbeans(R)シリーズにおいて、新たに移動体向けの車両情報伝達ソフトウェア、「exbeans(R) VI Transfer」を開発いたしました。



「exbeans(R) VI Transfer (=Vehicle Information Transfer)」は、二輪、四輪をはじめとする移動体向けの車両情報伝達ソフトウェアです。車両から得られる情報(CAN情報)を、アプリケーションへ伝達する汎用モジュールであり、アプリケーション側は、取得した情報を利用したサービスを提供することができます。また、おなじくエイチアイの製品である「exbeans(R) Affinity」と組み合わせることで、Affinity上で構築したWebサービスを利用することができます。

<「exbeans(R) VI Transfer」の主な特徴>
デバイス連携
・スマートフォン等のモバイル端末と、exbeans(R) VI Transfer搭載車両の連携
・リアルタイム車両情報取得
・Bluetooth, USBによる連携が可能
高セキュリティ
・当社独自方式によるセキュリティデータ通信
・送受信データ暗号化
ビックデータ
・車両から取得した情報のクラウドサーバーへのアップロードサポート
・さまざまなアップロードフォーマットへの柔軟な対応

<「exbeans(R)VI Transfer」構成図>


[画像: リンク ]

エイチアイは、「exbeans(R) VI Transfer」のご提供により、走行データを使用して車両利用時における安全性、利便性を考慮したアプリケーション開発に貢献いたします。

■アートスパークホールディングスについて
リンク
アートスパークホールディングスはアニメ・マンガ制作のデジタル化を推進してきたセルシスと、3D 描画技術によるヒューマン・インターフェイスとアプリケーションを提供するエイチアイの経営統合により設立されました。
両社の高度なグラフィック分野の技術を結集し、ミドルウェアやアプリケーションの開発力などのシナジー効果を最大化し、発展の一途を辿る「デジタルものづくり」の分野におい て、一般からプロフェッショナルに至るまでのユーザーに対してトータルなサポートを提供することにより、企業価値の向上と社会貢献に尽力してまいります。

■エイチアイについて 
リンク
エイチアイは、『デザイン&テクノロジー』をキーワードに、ソフトウェア開発だけでなく、UI/UXのデザイン・企画・コンサルティングをはじめ、HMI開発環境の開発・ライセンス販売・サポートに重点を置き、より質の高いデザインの表現を可能にするためのGUI開発環境やさまざまな製品提供を行っています。意匠デザインやHMIアプリケーション開発までの開発プロセス支援とソフトウェア品質向上支援により、他社との差別化を実現いたします。エイチアイは、今後もさまざまなデジタル機器への技術提供を進めるとともに、人の生活を豊かにする製品の創造を目指し、研究開発を進めてまいります。

動作環境や製品構成など、製品に関する詳細は
エイチアイのWebサイト(リンク)をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。