logo

業界初!AWS(R)などクラウド運用のもったいないをスマホでも管理できる「もったいないモニター」初期費用無料パックを販売開始

サーバー監視、運用の株式会社サイタスマネジメント(東京都千代田区神田司町2-6 司町ビル 代表取締役石澤知己)は、スマホでも操作できて、IT専門家ではない人にもAWS(R)などクラウドの監視と運用を可能とした管理ツール「もったいないモニター」の初期費用無料パックAWS(R)版を1月17日より販売開始します。(Microsoft Azure(R)版も次回販売予定)


「もったいないモニター/クラウドeco運用監視サービスOPSCLOUD(オプスクラウド)」はAWS(R)、Microsoft Azure(R)などのクラウドで稼働するサーバーの監視と運用を、IT専門家ではない人にもセルフで可能としたWebベースの管理ツールです。

一般的なサーバー監視サービスとの大きな違いは、サーバーの安定稼働監視だけではなく、過剰スペックでの運用など、コンピュータリソースの無駄な割当によるクラウドのもったいない状況を「もったいないモニター」で可視化しながら推奨運用や推奨スペックを提示し、管理ツールから誰でもセルフでコスト最適化操作ができるようにした点です。

しかも、スマホでの操作も可能としており、ユーザーはいつでも、どこでも、しかも簡単に、管理するクラウドの状況を把握できる手軽さを手にすることができます。
これは到来するクラウド時代にむけ、誰もがクラウドを簡単に、最適コストで利用することを可能とするために開発された一方で、ITを専門とする人には、インフラ管理の負担を軽減するツールとして便利にお使いいただける側面もあります。

そして、このほどAWSの基本構成の中でもWebサイト用途としてよくつかわれるパターンをテンプレート化し、初期にかかるコストをなくした初期費用無料パックを3つ用意しました。

1.シンプルなWebサイト向けパック、2.シンプルなAPサーバー向けパック、そして、3.高度なAPサーバー向けパックです。

これら3つのサーバー構成をテンプレート化することで、AWSの購入時に必要となる、設計構築や監視設定などの作業を自動化し、初期導入費用の無料化だけではなく、スピーディな引き渡し(正式申込後1営業日)も可能としました。
さらに、この初期費用無料パックには、規則的な低負荷時間のスペックダウンや利用のない時間帯のシステム停止などを「もったいないモニター」の推奨にあわせて自動設定するクラウド自動運用ツールOPStool(オプスツール)も無料でご利用いただけます。

サイタスマネジメントは、今後もこのような汎用的なクラウド構成パターンのテンプレートを増やしていくことにより、低コスト、短納期で提供できるフルマネージドクラウドのラインナップを拡充し、国内のクラウド利用促進に貢献していきたい考えです。


「もったいないモニター」クラウドeco運用監視サービス OPSCLOUD 
初期費用無料パック リンク

株式会社サイタスマネジメントについて
2000年に設立。ネットを使ったサービスを監視し、運用代行を行っています。
1日に数千万人が利用するサービスの監視など、大規模サーバーの監視を得意としていますが、2016年には近年のデジタルトランスフォーメーションを背景に、ビジネスモデルの追加を実施。AWS(R)、Microsoft Azure(R)などのクラウドの費用や特長比較を実現するクラウドポータル(リンク )やクラウドの運用のもったいないを可視化する「もったいないモニター」付きeco運用監視サービスのOPSCLOUD( リンク )といった業界初のサービスツールの販売を開始しました。今後は大規模サーバー監視だけではなく、さまざまな規模のケースにクラウドの最適化を提案する監視サービスを同時展開することで、世の中のデジタルシフトの加速に貢献していきます。


本件の記事または商品のお問合せはこちらまで
■株式会社サイタスマネジメント 広報担当 合羽(アイバ)
■〒101-0048東京都千代田区神田司町2-6司町ビル
リンク
■ TEL : 03-5209-6811 FAX : 03-5209-6821
■info@situs.co.jp


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事