logo

【セミナー開催のご案内】リチウムイオン電池の熱暴走の要因と対応策 2月3日開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ

CMCリサーチ 2017年01月17日 05時00分
From PR TIMES

リチウムイオン電池の安全性の劣化現象とその対策

先端技術情報や市場情報を提供している(株)シーエムシー・リサーチ(千代田区神田錦町: リンク )では、リチウムイオン電池関連のセミナーや書籍発行を行っておりますが、 このたび「リチウムイオン電池の熱暴走の要因と対応策」と題するセミナーを、 講師に 鳶島真一 氏(群馬大学大学院 工学研究科 応用化学・生物化学専攻 教授)をお迎えし、 2017年2月3日(金)13:30より、 『ちよだプラットフォームスクエア』5階503会議室(千代田区錦町)で開催いたします。 受講料は、 一般:42,000円(税込)、 弊社メルマガ会員:39,000円(税込)、 アカデミック価格は25,000円となっております(受講料には資料代を含みます)。 セミナーの詳細とお申し込みは、 弊社のHP( リンク )で受け付けております。 質疑応答の時間もございますので、 是非奮ってご参加ください。


リチウムイオン電池の性能と安全性の劣化要因には化学的因子と物理的因子があります。特に化学反応に起因する劣化現象は複雑です。電池の劣化は電池材料、充放電パターン、充放電深度、環境温度等、各種電池使用条件に影響されます。電池を直列する組電池では単電池が過充電になる可能性があります。本講演では安全性の劣化現象とその対策について概説いたします。
講師は、長年リチウムイオン電池関連の研究を行っておられる、群馬大学大学院 教授 鳶島真一先生にお願いいたしました。

1)セミナーテーマ及び開催日時
テーマ:リチウムイオン電池の熱暴走の要因と対応策
開催日時:2017年2月3日(金)13:30~16:30
会  場:『ちよだプラットフォームスクウェア』 503会議室
   〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
参 加 費:42,000円(税込) ※ 資料代含
   * メルマガ登録者は 39,000円(税込)
   * アカデミック価格は 25,000円(税込)
講 師:鳶島真一 氏 / 群馬大学大学院 工学研究科 応用化学・生物化学専攻 教授

2)申し込み方法
シーエムシー・リサーチの当該セミナーサイト( リンク )からお申し込みください。 折り返し、 聴講券、 会場地図、 請求書を送付いたします。

3)セミナープログラムの紹介
 1. リチウムイオン電池の安全性概要
 2. 非安全時の電池挙動
  2.1 電池が非安全になる基本的原因
  2.2 電池の熱暴走機構

 3. 電池安全性評価の基本的考え方

 4.電池の性能劣化と安全性
  4.1 負極と電解液の反応
  4.2 正極と電解液の反応

 5. 電池構成材料と電解液の相互作用
  5.1 電解液の電位窓
  5.2 電池電圧と電解液の安定性の関係

 6. 市販電池の安全性確保策
  6.1 電池単体の安全性確保策
  6.2 電池パックの充放電制御

 7. 市販リチウムイオン電池の市場トラブル例

 8. 過充電による安全性劣化機構
  8.1 過充電時の電池の挙動
  8.2 過充電が起こる要因
  8.3 過充電対策

 9. 電池の安全性評価方法

 10. 負極表面修飾による電池の安定化
  10.1 反応型電解液添加剤
  10.2 非反応型電解液添加剤

 11. 正極表面修飾による電池の安定化

 12. 全固体電池による安全性の向上
  12.1 固体電解質の種類と特徴
  12.2 固体電池に期待される機能、性能

 13. リチウム電池の今後の展開と安全性

4)講師のご紹介
  鳶島真一 氏 / 群馬大学大学院 工学研究科 応用化学・生物化学専攻 教授

【講師経歴】
 1979年日本電信電話公社
 2001年より現職

5)セミナー対象者や特典について
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★ 2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合2人目は無料です。

●セミナー対象者
 電池研究開発初心者、電池ユーザーの方、新規事業企画調査部門の方

●セミナーで得られる知識
 リチウム電池の安全性に関する基礎知識

  ☆詳細とお申し込みはこちらから↓
   リンク

6)関連セミナーのご案内
1. バッテリーマネジメント用リチウムイオン電池のインピーダンス測定の考え方
  2017年1月27日(金)13:30~16:30
   ☆詳細とお申し込みはこちらから↓
    リンク

2. ZEV(Zero Emission Vehicle)規制と今後の課題
  2017年3月13日(月)13:30~16:30
   ☆詳細とお申し込みはこちらから↓
    リンク

7)関連書籍のご案内
◎リチウムイオン電池の製造プロセス&コスト総合技術 2016
 ~ 原材料、設計・製造、工程機器とコスト構成 ~
  ■ 発  刊:2016年8月26日
  ■ 定  価:本体 120,000円 + 消費税
   * 付属CD別売 25,000円 + 消費税
  ■ 体  裁:A4判 並製 556頁
  ■ 編集発行:(株)シーエムシー・リサーチ
  ISBN 978-4-904482-31-5

 ☆詳細とお申し込みは、以下のURLをご覧ください。
  リンク
                                以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事