logo

Marketoのスコアリングとシナリオを最適化する 「bodais for Marketo」を販売開始  

株式会社アイズファクトリー 2017年01月16日 12時00分
From 共同通信PRワイヤー

2017年1月16日

株式会社アイズファクトリー

株式会社アイズファクトリー、Marketoのスコアリングとシナリオを最適化する「bodais for Marketo」を販売開始

株式会社アイズファクトリー(東京都千代田区、代表取締役社長:大場智康、以下、アイズファクトリー)は、クラウドサービス「bodais for Marketo」を開発し、1月13日より販売いたします。
本サービスでは、株式会社マルケト(東京都港区、代表取締役社長:福田康隆、以下、マルケト)が提供するエンゲージメントマーケティングプラットフォーム「Marketo」に蓄積されたリード情報とアクティビティログをアイズファクトリーのデータ解析プラットフォーム「bodais」で解析することで、リードのホット化率を予測し、スコアリングとシナリオの最適化を可能にします。

■「bodais for Marketo」開発の背景
業界業種問わず企業の購買行動においても、オンライン上で情報収集、検討を行うようになり、営業がコンタクトする前に検討対象を絞り込んでいる、詳細資料をウェブでダウンロードしているなど、顧客の購買行動の変化が進んできています。こういった顧客の変化に企業はいち早くキャッチアップすることが求められてきています。そのような中で以下のようなニーズを聞くことが増えてまいりました。
・「幅広い顧客接点を通して個客に合わせた情報を適切な時に届けたい」
・「優良な見込み顧客(ホットリード)を営業に渡したい。ホットリードに至るまでのスコア設定値の根拠がわからない」
・「大量の見込み客の中で、優先的にナーチャリングすべき相手を知りたい」
・「マーケティングデータを可視化したい」
それを受け、アイズファクトリーでは、国内外4,600社以上の導入実績があるマーケティング専業会社のマルケトが提供するエンゲージメントマーケティングプラットフォーム「Marketo」上に蓄積されたリード情報とアクティビティログを解析することによって、これらのニーズに応えることが可能であると考え、「bodais for Marketo」を開発いたしました。

■「bodais for Marketo」の概要
「bodais for Marketo」は、Marketoに蓄積されたリード情報とアクティビティログのデータを用い、アイズファクトリーが提供するデータ解析プラットフォームbodais上で予測解析を行うサービスです。
Marketoに登録された見込み客一人一人のホット化率を予測するので、優先的にナーチャリングすべき相手が明確になります。また、ホット化に影響を与える要因や、ホット化にあたってよく見られたコンテンツを可視化する機能も提供しており、スコアリングやナーチャリングシナリオの最適化に役立てることができます。さらに、Marketoを通じたメールマーケティングの詳細状況をグラフ化する機能など、ナーチャリングの成果を可視化してシナリオを最適化する複数のアウトプットを提供します。

■bodais(ボダイス)について
bodaisは、アイズファクトリーの300を超えるデータ解析プロジェクト実績をベースに開発された、機械学習機能を内蔵した自動進化型データ解析プラットフォームです。お客様は、bodaisを利用することで、データ整備に関わる作業コストを大幅に削減でき、本来のビジネス目的を達成するための施策立案とその実行に注力する事ができます。だれでも簡単に利用でき、ビジネス上の意思決定に活用できる解析結果を得られます。
「bodais」の詳細については、リンク をご覧ください。

■Marketo(マルケト)について
マルケトは、獲得からアドボカシーに至るまで、マーケターと顧客との長期的な関係の発展を支援するよう設計された先進的なエンゲージメントマーケティングソフトウェアとソリューションを提供しています。
マルケトはマーケターのためにマーケターによって設立され、マルケト社は経営理念をMarketing Firstに置いており、マーケティングテクノロジーのイノベーションを通じて、お客様とパートナー様双方の成功、ビジネス成長の加速を支援します。カリフォルニア州サンマテオの本社を始め、世界中にオフィスを設け、戦略的パートナーとして、多岐に渡る業界の大企業や急成長している中小企業を支援しています。
マルケトのエンゲージメントマーケティングプラットフォーム、パートナーエコシステムのLaunchPoint(R)、巨大なコミュニティMarketo Marketing Nation(R)の詳細については、リンクをご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。