logo

【東京・大阪・名古屋】要件緩和で検討企業急増中のe-文書法関連セミナーを開催!

請求書、納品書、注文書、領収証など・・・国税関係書類を多く抱えるお客様に

株式会社大塚商会(東京都千代田区)は、2017年2月に東京・大阪・名古屋で、タイムスタンプ事業の第一人者である、セイコーソリューションズ株式会社 柴田 孝一 氏を講師に迎え「e-文書法の要件緩和で変わる領収書・請求書などの電子化手法、成功のポイントご紹介」というセミナーを開催します。

「e-文書法の要件緩和で変わる領収書・請求書などの電子化手法、成功のポイントご紹介」

2 年連続して要件緩和になった電子帳簿保存法スキャナー保存。要件緩和により、e-文書法ソリューションを導入・検討されているお客様が増えています。
要件緩和で大きく変わる領収書や請求書などの電子化手法。成功に導くためのポイントは何か。といった内容をこれまでの事例をもとに分かりやすく解説します。

講師:セイコーソリューションズ株式会社 戦略事業開発部 部長  柴田 孝一 氏

【セミナーの申込はこちらから】

東京会場(ザ・プリンスパークタワー東京)
 開催日時 2月9日(木) 12:45 ~ 13:45 セミナーコース【B33】
 リンク

大阪会場(グランキューブ大阪)
 開催日時 2月16日(木) 12:40 ~ 13:40 セミナーコース【B33】
 リンク

名古屋会場(ヒルトン名古屋)
 開催日時 2月23日(木)10:00~11:00 セミナーコース【B21】
 リンク


【本セミナーに関するお問い合わせ先】
株式会社 大塚商会
 共通基盤NW・セキュリティプロモーション部フロントラインプロモーション課
  E-mail:ods21@otsuka-shokai.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。