logo

低圧太陽光メンテナンスパック「om’s(オムズ)」1月16日より提供開始

エナジー・ソリューションズ株式会社 2017年01月16日 10時00分
From 共同通信PRワイヤー

2017年1月16日

エナジー・ソリューションズ株式会社

低圧太陽光メンテナンスパック「om’s(オムズ)」1月16日より提供開始
売電補償付保険・遠隔監視・定期点検・故障時駆付けを一つのパックにして月額9,800円で提供

エナジー・ソリューションズ株式会社(東京都千代田区 代表取締役社長:森上寿生 以下ESI)は、低圧太陽光メンテナンスパック「om’s(オムズ)」を1月16日より提供開始します。
「om’s(オムズ)」は、産業用低圧太陽光発電所(10kW以上50kW未満)に対する、売電補償付き保険・遠隔監視・定期点検・故障時駆付け対応を一つのパックにしたメンテナンスサービスとなります。
2017年4月から施工される「改正FIT法」により太陽光発電所の保守メンテナンスの義務化と罰則規定が設けられることとなり産業用低圧太陽光発電所もその対象となります。
現在稼働している産業用低圧太陽光発電所は全国で約40万ヶ所ありますが、定期検査が行われていない発電所が多く、併せて約80%は遠隔監視機器が設置されていない状況と言われています。
定期点検による故障の予防や、故障をして発電していない場合でもすぐに把握・対応できないことから、安全な発電所を運営することができないだけでなく、長期にわたる発電事業の損失・リスクも増大します。
そこで、今回の法改正に対応し、太陽光発電事業者が安心・安全に発電事業を行うために、保守メンテナンスをパックにして、月額9,800円※1で提供します。
「om’s」の内容・特徴は下記の通りとなります。
※1新規入会時に現状確認費用として100,000円がかかります。

1、1日最大10,000円の売電補償
   ・損保ジャパン日本興亜との提携により災害保険・EM保険・売電補償を提供します。
   ・保険請求時の窓口はESIが行うため手間がかかりません。
2、「ソーラーモニター」による遠隔監視
 ・遠隔監視機器が設置されていない発電所では、3,000を超える実績がある「ソーラーモニター」を設置してPC・タブレット・スマートフォンでいつでもどこでも発電状態を確認することができます。
 ・既に「ソーラーモニター」を設置されている発電事業者の方には入会時の現状確認費用はかかりません。
 ・他社の遠隔監視機器が設置されている発電所は、月額8,800円で提供します。
(入会時の現状確認費用として100,000円がかかります。)
3、年1回の定期点検
 ・年1回発電所現場の定期目視点検を実施し、点検報告書をご提供します。
 ・除草・パネル洗浄・ドローンモジュール赤外線検査・電気系統計測検査をオプションで提供します。
4、故障時駆付けサービス
 ・「ソーラーモニター」で故障アラートが発信された場合、発電所に駆付け故障原因を報告します。
 ・保険で修理ができる場合は、ESIが窓口となり保険手続きを行います。

「om’s(オムズ)」に関する詳細内容・お問合せ先は下記の通りとなります。
「om’s(オムズ)」専用サイト:リンク
お問合せ電話番号:0120-983-043


<会社基本情報>
エナジー・ソリューションズ株式会社 (Energy Solutions Inc)
設立:2010年2月
資本金:8,120万円
代表取締役社長:森上 寿生
本社所在地:東京都千代田区二番町3-10 白揚ビル2F
ホームページ:リンク
TEL 03-6256-8095 FAX 03-6256-8097
事業内容:
*再生可能エネルギーの導入、運用、管理に関するソリューションシステムの開発及びサービス
の提供
*エネルギーマネージメントに関するソリューションシステム、スマートハウス総合支援サイトの
開発及びサービスの提供
*PPS事業に関するソリューションシステムの開発及びサービスの提供
*太陽光発電システム設置者を対象としたクラブ、基金団体及び事務局の運営
*環境保全に寄与する新エネルギー関連商品の取扱い及びサービスの提供



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事