logo

坂井康弘の人気コラム「EAIツールの導入方法論って・・・・?」

エンタープライズ・アプリケーションプラットフォームとビジネス・インテグレーション基盤のグローバルプロバイダーであるマジックソフトウェア・ジャパン株式会社(代表取締役社長:佐藤敏雄 本社:東京都新宿区 以下マジックソフトウェア)は、坂井康弘の人気コラム「EAIツールの導入方法論って・・・・?」を公開しました。

###
こんにちわ。マジックソフトウェア・ジャパンの坂井です。今回も私のコラムにおいで頂き有難う御座います。今回はパッケージソフトの導入時によく言われる「導入方法論(Methodology)」に付いて一寸触れさせて頂きます。
でも、「『EAIツールで導入方法論?』ってあるの?」なんて思われている方も多いと思います。EAIツールの導入・構築時には複数のSIベンダーやお客様皆様が一緒に作業を行ってシステム連携を実現する事となります。そのため、短期間・安価で失敗しないプロジェクトとするために導入方法論が必要となります。

EAIツールの導入方法論の概要
EAIツールはご存知の様にプログラムを組むことなくシステム連携を示現するツールです。そのため、EAIツールの持つ機能の理解や各ステップ毎の成果物などを事前に理解して、プロジェクト管理を行い、スムーズに構築プロジェクトを進める事が重要となります。以下にマジックソフトウェア・ジャパンでの超高速開発リアルタイムEAI「Magic xpi」での導入法論概要を示します。

上記の様にEAI導入のためには、事前準備フェーズから最終確認のUATフェーズまで順を追って行う作業内容と成果物などの確認を取り決めています。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事