logo

HP Proliantシリーズ、ストレージのメーカー保守切れにオンサイト保守のご提案

メーカー保守切れ機器(HP Proliant DL380 G7×4台、LTO4×1台)に対してオンサイト24時間×365日保守のご提案

お客様業態:金融・保険業
売上高:4,000億円以上
対象機器:HP Proliant DL380 G7 4台、LTO4 1台
保守形態:オンサイト24時間×365日

【お問合せの経緯】
2015年10月にSIer経由でデータライブに保守のご相談を頂きました。
データライブで対象のHP ProLiantサーバとLTO4ストレージを確認し、十分に実績のある機器のためお見積をご提示いたしました。

【お客様の懸念事項】

まずお客様は、HPの製品発表から6年目のメーカー保守が終わった後に更に3年間の保守が可能か、
データライブではメーカーと同レベルの保守対応が可能なのかということを懸念されていました。
また予算についても、メーカーに依頼していた価格内で収まるのかを気にされているご様子でした。

【データライブの対応】

対象となるHP ProliantサーバとLTO4ストレージを確認したところ、メーカー発表から6年目の機種でした。
これらは中古市場での流通が今後3年程度は見込まれると判断できたため、メーカー保守終了後の3年間の複数年契約をご提案。

データライブでは障害箇所の切り分けなど、メーカーと同じレベルで保守対応が可能であることをお客様に説明し、価格についても
調達コストの削減などで調整を行い予算内の金額でご提示いたしました。

その結果、お客様には大変満足して頂きご契約となりました。

このようにデータライブでは、お客様のご要望に応じたサービスのカスタマイズや、
定期点検保守サービスなどの障害予防のオプションサービスもご用意しています。
是非、お気軽にお問い合わせ下さい。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。