logo

国内初、外部広告経由でECモールのリターゲティングからコンバージョン測定まで実現人工知能搭載型アドネットワークプラットフォーム『バンブーシュート アド』を提供開始

株式会社MERGERICK 2017年01月12日 10時00分
From PR TIMES

~広告運用にかかる最適化配信を自動化し、EC運営の生産性向上も可能に~



AI(人工知能)でネットショップ運営の自動化を推進する株式会社マージェリック(東京都千代田区、代表取締役CEO:嶋泰宣)は、2017年1月27日(金)より、国内で初めて、外部広告経由でECモールの指定された商品に対するリターゲティング広告の配信や、コンバージョン計測などの効果測定ができるAI搭載型アドネットワークプラットフォーム『bambooshoot AD(バンブーシュート アド)』の提供を開始します。これにより、EC事業者は、コンバージョン計測による広告施策の振り返りやリターゲティング広告配信による商品の再提案のほか、EC運営の生産性向上により、広告の費用対効果を高めていくことが可能となります。

通常、ECの広告効果測定は、ECモールの外では、コンバージョン計測タグやリターゲティングタグを埋め込むことで効果測定ができます。一方、ECモールの商品ページでは、それらのタグを埋め込むことができない仕様となっているため、EC事業者は、外部広告経由でECモールの効果測定を十分に行えず、広告経由の顧客獲得や費用対効果が把握できない上、店舗サイトへアクセスしたものの商品購入に至らなかった顧客に対しリターゲティングができないといった点が課題としてありました。

そうした課題を解決するため、この度2016年8月に提供開始したAI搭載型EC運営システム『bambooshoot(バンブーシュート)』の追加機能として、『bambooshoot AD(バンブーシュート アド)』を開発しました。最大の特徴は、コンバージョン計測タグやリターゲティングタグをサイトページへ埋め込まずとも、ECモールの商品ページでコンバージョン計測ができ、広告費用対効果が明確になる点です。また、独自技術によりECモールの商品ページでリターゲティング広告の掲載が可能になるため、従来、ECモールではできなかった、店舗サイトへアクセスしたが購入に至らなかった顧客へのリターゲティングによる商品の再提案が可能になります。さらに、AI活用型の使うほど賢くなる広告運営支援システムのため、広告運用を重ねれば重ねるほどAIが最適な配信先を学習し、より精度の高い広告費用対効果へ導きます。

『bambooshoot AD』は、まず楽天市場から対応開始し、今後はYahooショッピングへの対応も予定しています。今後も対応モールを随時拡大し、EC事業者へより費用対効果の高い広告提供を目指します。
[画像1: リンク ]


■『bambooshoot AD(バンブーシュート アド)』の概要

国内初、ECモールの商品ページでは実現できなかったアドネットワーク広告によるリターゲティング、コンバージョン測定まで実現する新しいアドプラットフォーム
・提供開始日:2017年1月27日(金)
・利用料:広告費の10%~20%
・利用開始方法:bambooshootの導入後管理画面から広告運用申請
・配信開始までの流れ:広告主は申し込み申請後、担当コンサルタントと、出稿したい商品、キャッチコピー、クリエイティブなどを確認し、最短5営業日で配信が可能となります。
・対象モール:楽天市場
・URL: リンク

■『bambooshoot AD(バンブーシュート アド)』の特徴

<アドネットワーク広告運用>
・ECモール内の商品ページでコンバージョン計測が可能
商品ページへコンバージョン計測タグを入力することなく、コンバージョン計測ができるため、広告費用対効果が明確になります。
・ECモールの商品ページでリターゲティング広告の掲載が可能
非公開の独自の技術によりリターゲティング広告配信が可能となるため、ECモール内では出来なかった、店舗サイトへアクセスはされたが購入に至らなかった顧客へのリターゲティングによる商品の再提案が可能になります。
・AIを活用し、使うほど賢くなる広告運営支援システム
広告運用を重ねれば重ねるほど最適な配信先を学習しより精度の高い広告費用対効果へ導きます。

■『bambooshoot(バンブーシュート)』について

AIを活用したネットショッフ゜運営支援システム。ECモール出店店舗のテ゛ータをもとにAIか゛購買傾向や最適な販売対象(ターケ゛ットセク゛メント)を自動抽出し、大手モールのランキンク゛なと゛のオーフ゜ンテ゛ータをもとに売上向上施策を収集・分析・評価する。楽天市場やYahoo!ショッピングと連携し、複数のネットショッフ゜を同時運営できる。
・提供開始日:2016年9月5日
・URL: リンク

【株式会社マージェリック 会社概要】

・所在地 : 〒100-0014東京都千代田区永田町2-17-4 笠松千代田ビル3F
・代表取締役 : 嶋 泰宣
・設立年月日 : 2013年9月17日
・業務内容 : AIによるEC運営サポート、WEBデザイン、システム開発、アプリ開発、自社サービス開発など
・資本金 : 150,000,000円(資本準備金含)
・URL : リンク

【株式会社マージェリック 代表取締役CEO 嶋 泰宣プロフィール】

[画像2: リンク ]


1980年生まれ。ファーストリテイリング、青山商事、楽天、フィールドマネージメントを経て、2013年9月、株式会社マージェリック(旧社名:株式会社代官山RED)を創設。幼少期に商店街の裏側で育ち、商売の表と裏を見聞きし商売の楽しさを体験。中学1年で、商売を通じ世の中に新たな提供価値を生み出したいと思い、将来は起業し社長になると決意。オフライン、オンライン、法人、個人を対象としたセールスやビジネス構築を経験する中で、世の中における需要と供給バランスに問題を感じ、いかにECを通じた円滑な消費行動、事業活動を行える仕組みを提供できるかを考え今に至る。これまでにECコンサルタントとして売上向上をサポートしてきたEC事業者の数は累計5,500社以上。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事