logo

東京国際映画祭CROSSCUT ASIA連携企画 特集上映・シンポジウム「カラフル!インドネシア2」開催!

独立行政法人国際交流基金 2017年01月13日 16時58分
From 共同通信PRワイヤー

2017年1月11日

国際交流基金アジアセンター

東京国際映画祭CROSSCUT ASIA連携企画
特集上映・シンポジウム「カラフル!インドネシア2」開催!

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)アジアセンター リンクは、第29回東京国際映画祭(2016年)で好評を博した「CROSSCUT ASIA #03 カラフル! インドネシア リンク」の提携企画として、特集上映「カラフル!インドネシア2」をアテネ・フランセ文化センター リンクとの共催で1月25日(水)から28日(土)まで実施します。

本特集では、東京国際映画祭の特集とは異なった切り口で、現代インドネシア映画の魅力、特にインドネシアから見た日本人に観てほしい作品を多く取り上げています。中でも、エドウィンなど若手監督等が激動の1998年を振り返るオムニバス『9808―インドネシア民主化10年目のアンソロジー』(2008)、海外での評価も高いインドネシアの人気ポップバンドWhite Shoes & The Couples Companyの音楽ドキュメンタリー、東ティモールが舞台のカミラ・アンディニの短編最新作『メモリア』(2016)を始めとする短編傑作選など、貴重な作品が目白押しです。

最終日の28日(土)には、エディ・チャフヨノ氏(『SITI』監督)と、本特集のプログラミングにも携わったメイスク・タウリシア氏(プロデューサー)をゲストに迎え、「インドネシアの今を見つめる、映画に何ができるのか」と題したシンポジウムも行います。モデレーターに映画批評家のクリス・フジワラ氏、通訳にタウリシア氏と縁の深い藤岡朝子氏(山形国際ドキュメンタリー映画祭理事)を迎え、若手映画監督の勢いあふれるインドネシア映画の今を切り取ります。また、ご来場の皆様には、今回の上映のために制作した特別冊子を無料で配布します。

■「カラフル!インドネシア2」概要
▼映画上映会
【会 期】2017年1月25日(水)~28日(土)
【会 場】アテネ・フランセ文化センター(千代田区駿河台2-11 アテネ・フランセ4階) リンクノ水・水道橋駅から徒歩7分 
【料 金】一般1,300円 /学生・シニア1,100円/3回券2,700円/アテネ・フランセ文化センター会員800円 ※各回入替制、いずれも当日販売のみ
【作 品】短編5本を含む、10作品(日本語字幕つき)※上映作品はプレスリリース参照
【主 催】国際交流基金アジアセンター、アテネ・フランセ文化センター(リンク
【特別協力】東京国際映画祭

▼シンポジウム 「インドネシアの今を見つめる、映画に何ができるのか」(映画上映と同会場)
【日 時】2017年1月28日(土)18:10~19:40(予定)
【料 金】無料・予約不要 
【登壇者】エディ・チャフヨノ(『SITI』監督)、メイスク・タウリシア(映画プロデューサー)※日英通訳あり
【モデレーター】クリス・フジワラ(映画批評家)
【通訳】藤岡朝子(山形国際ドキュメンタリー映画祭理事)

※詳細は、国際交流基金アジアセンターウェブページ(リンク)をご覧ください。

【国際交流基金アジアセンターについて】 リンク
独立行政法人国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、全世界を対象に総合的に国際文化交流事業を実施する日本で唯一の専門機関です。アジアセンターは2014年4月に設置され、ASEAN諸国を中心としたアジアの人々との双方向の交流事業を実施・支援しています。日本語教育、芸術・文化、スポーツ、市民交流、知的交流等さまざまな分野での交流や協働を通して、アジアにともに生きる隣人としての共感や共生の意識を育むことを目指しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。