logo

メルクが北米、中国、欧州でエンドツーエンドのバイオ開発センターを拡張

メルク(Merck) 2017年01月11日 11時20分
From 共同通信PRワイヤー

メルクが北米、中国、欧州でエンドツーエンドのバイオ開発センターを拡張

AsiaNet 67084(0050)

【ダルムシュタット(ドイツ)2017年1月10日PR Newswire=共同通信JBN】
*強い市場需要に対応するためのグローバルな拡張
*米マサチューセッツ州ボストンおよび中国・上海のバイオ開発センターは、メルクの技術とサービスを完全展開
*フランスの新しいプロセス開発センターと完全にシングルユースなGMP(優良医薬品製造基準)施設は、生物製剤の開発加速が目的

科学・技術企業大手メルク(Merck)(リンク )は10日、同社のターンキー・ポートフォリオであるバイオプロセス製品、製造能力および業界をリードする専門技術に対する顧客需要の増大に対応するため複数のエンドツーエンド(リンク )バイオ開発センターを拡張すると発表した。

Photo - リンク

米国および中国での新たな2つのプロセス開発センターの開設を含む今回の拡張は、フランス・マルティヤックにあるメルクのバイオ開発センターの商業的成功に続くものである。2つの新施設は、上海およびボストン大都市圏の顧客にきわめて近接した場所に開設される予定。どちらも一貫したプロセス開発能力とサービスを提供する。これにはセルライン(細胞系)開発サービス、アップストリームとダウンストリーム双方のプロセス開発、および非GMP臨床生産が含まれる。

メルクの取締役会メンバーで生命科学担当最高経営責任者(CEO)ウディト・バトラ氏(リンク )は「われわれは、エンドツーエンドのプロセス開発ソリューションへのグローバルな需要の増大に遭遇しており、メルクはバイオ医薬品の顧客のためのワンストップショップを提供している。今回の拡張は、生物製剤の生産に必要なすべてのプロセス開発・臨床段階製造ソリューション、素材、サービスの第1級サプライヤーとしての当社の地位を強化するものである。これは3大陸における顧客のニーズに対応するために特別に設計された戦略的で高い将来性を秘めたメルクのための投資である」と語った。

フランス・マルティヤックのメルクのバイオ開発センターは、一連の臨床段階の製品を製造するためのフル稼働のシングルユースのGMP施設である。2000リットルのシングルユースのMobius(R) バイオリアクターなどあらゆるメルクのテクノロジーを装備したマルティヤックの施設は、バイオ医薬品企業に対しその臨床開発プログラムをサポートする完璧なソリューションを提供する。

メルクのエンドツーエンド提供は、バイオ医薬品企業に対し重要な利益をもたらすとともに、そのあらゆる分子開発段階において、またあらゆる地域での商業化に際しての主要な課題に対処する。Mobius(R)バイオリアクターに加え、エンドツーエンド・ポートフォリオにはLynx(R) CDR、Viresolve(R)プロセスエリア・モジュール、Pellicon(R)およびCentine(TM)インテリジェンス・ウイルス・ディフェンスが含まれている。

限られたリソースとインフラしかない初期参入段階の企業は、初期の臨床開発プログラムを加速させるのに資するため、プロセス開発とGMP臨床製造の強力な専門技術と経験を持つパートナーから利益を受ける。より進んだ段階の企業は、最終段階の臨床開発を商業的製造へと展開し、生活を向上させる入手可能な医薬品としての可能性を加速するという課題を克服する必要がある。メルクは、エンドツーエンド・アプローチにより、全プロセスの新たな位置へのスケールアップと技術的転換を容易にし、加速させることができる。

メルクのすべてのニュースリリースはメルクのウェブサイトで利用可能になると同時にEメールで配信されている。オンライン登録、選択変更、サービス停止はwww.merckgroup.com/subscribeを参照。

▽メルク(Merck)について
メルクはヘルスケア、ライフサイエンス、パフォーマンスマテリアルズの分野におけるサイエンスとテクノロジーの大手企業である。がんや多発性硬化症を治療するためのバイオ医薬品療法から、科学研究と生産に関する最先端システム、スマートフォンや液晶テレビ向けの液晶材料に至るまで、約5万人の従業員が暮らしをより良くする技術の一層の進歩を目指して働いている。メルクは2015年、66カ国で128億5000万ユーロの売上高を計上した。

メルクは1668年に創業した世界で最も歴史の長い医薬・化学品会社である。創業家は今でも上場企業が率いるグループの株式の過半数を保有している。メルクの名称およびブランドのグローバルな権利は、同社が保有している。唯一の例外は米国とカナダで、両国では同社はEMDセローノ、ミリポアシグマ、EMDパフォーマンスマテリアルズとして事業を行っている。

ソース:Merck

▽問い合わせ先
Neetha Mahadevan
+49 6151 72 6328

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事