logo

Filmarks調べ 映画初日満足度ランキング(1月第1週)発表

株式会社つみき 2017年01月10日 15時50分
From PR TIMES

株式会社つみき(代表取締役社長:鈴木貴幸、本社:東京都目黒区)が運営する国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2017年1月第1週上映スタート映画の初日満足度ランキング」を発表しました。



[画像1: リンク ]

この度、Filmarksでは2017年1月第1週に上映が開始された映画を対象に、2017年1月10日時点での★スコア(映画鑑賞後に★の数で評価をしたスコア/5点満点)とMark!数(ユーザーが観た映画としてレビューを登録した数/登録は1作品につき1人1件まで)を集計。★スコアが高い作品から順に「映画初日満足度ランキング」として算出しました。

【映画初日満足度ランキング(1月第1週上映スタート作品)】

[表: リンク ]



1位:『人生フルーツ』についてのレビュー
自然と向き合い、パートナーと向き合い、仕事と向き合い、死と向き合うこと。向き合う時間の長さが、人生を熟させるのだ、きっと。勉強になります。(30代・男性)
目をみはるような美しい建築が出てくるわけではないけど、言葉にされない優しさや温かさの粒子に満ちていた。(30代・男性)
上映後、自然と拍手が沸き起こった。見知らぬ人たちが突然みんな家族になってしまったようだった。(30代・女性)

2位:『傷物語III 冷血篇』についてのレビュー
アニメ映画が特に注目された昨年でしたが、その勢いを更に感じさせてくれるような今年のアニメ映画に対して更に希望を感じさせてくれるそんな映画でした。(30代・男性)
3部作の中で1番よかったと思います。キスショットの凛々しさ、羽川の優しさ本当によかった。(20代・男性)
ル・コルビジェの国立西洋美術館や丹下健三の山梨文化会館などのモダニズム建築が使われており、背景を楽しみながら鑑賞できた!(20代・男性)

3位:『人魚姫』についてのレビュー
ベタベタな笑いを素晴らしいテンポと勢いで新品再生していくこの人の手法は、いつだって懐かしさと新鮮味を同時に与えてくるなあと思うのです。(30代・男性)
いつものテンポ良い笑いも魅力ですが、今作は人魚役のリン・ユン(ジェリー・リン)のかわいさが最大の魅力でしょう。とにかくかわいいです。(20代・男性)
ヒロインはオーディションで12万人の中から選ばれたリン・ユン!可愛いだけじゃなくあそこまで体当たりの演技をしてるとは勿論知らなかったので凄い女優さんだなぁと。(20代・女性)

※ ★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品を上位にしています。
※ 本ランキングは★スコアが3.0以上の作品を掲載しています。
※ 本ランキングはMark!数が30件以上の作品を掲載しています。
※ 本ランキング及び記事内のデータは2017年1月10日時点のものです。


【Filmarks(フィルマークス)とは?】

[画像2: リンク ]

映画レビュー数2,000万件を集める国内最大級の映画レビューサービス。映画レビューを簡単にチェック・投稿できる機能をベースに「映画の鑑賞記録」や「観たい映画のメモ・備忘録」「映画の感想や情報をシェアして楽しむコミュニケーションツール」として、多くの映画ファンにご利用いただいています。Filmarksでは今後も、ユーザーが投稿するレビューや★スコア、Clip!数(ユーザーが観たい映画として登録している数)などを「感情データ」として活用し、映画データマーケティングを推進して参ります。

【サービス概要】


サービス名:Filmarks(フィルマークス)
価格:無料
WEB:リンク


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。