logo

Adientがレベル3、レベル4自動運転車用の高級シートコンセプトを公開

Adient 2017年01月10日 12時15分
From 共同通信PRワイヤー

Adientがレベル3、レベル4自動運転車用の高級シートコンセプトを公開

AsiaNet 67050(0031)

【デトロイト2017年1月9日PR Newswire=共同通信JBN】
*デトロイトの北米国際自動車ショーでAdientのAI17デモンストレーターがデビュー

世界最大の自動車シートサプライヤーであるAdient(NYSE: ADNT)は9日、デトロイトの北米国際自動車ショー(North American International Auto Show、NAIAS)で革新的なAI17自動運転シートシステムを公開し、自動運転がいかに既存高級車のドライバーと同乗者の体験にインパクトを与えるかを明示した。

Photo - リンク

ドライバーと同乗者が運転以外の活動により多くの時間を費やす上で、自動運転車のインテリアは重要な役割を果たす。自動車がコンピューター運転機能を備えると、乗り手は車のシートと車内スペースにかつてない多くの適応性を要求するようになる。

Adientのブルース・マクドナルド会長兼最高経営責任者(CEO)は「当社のAI17デモンストレーターは、自動運転車両技術によって生じたイノベーション機会をわれわれがどれほど活用しているか示している。そのコンセプトはインテリアの柔軟性を増大するイノベーションを特徴とする一方、乗り手に高水準の安全性、快適性、簡便性を提供する」と語った。

ジョンソンコントロールズ(Johnson Controls)の自動車シート事業が2016年に独立企業としてスピンオフしてできたAdientは、今年のNAIASで数種類のコンセプトと量産可能製品を公表した。

Adientでイノベーションを担当するリチャード・チュン副社長によると、AI17は将来の車内が楽しいものになることを予測するレベル3とレベル4の自動運転車に向けた革新的ソリューションを紹介している。

チュン副社長は「広範な市場・消費者調査に基づいて、デモンストレーターの製品はモジュール的手法で慎重にデザインされ、多彩な車種に適合し、セグメント分別を可能にしている」と述べた。

チュン副社長によると、AI17の主要なイノベーションは以下の通り。

*あいさつ・会話モード:旋回してフロントシートの乗り手が自由に動けるローテーションベースのプラットフォーム。ベースはあいさつ・会話モードの土台になる。あいさつモードではベースが最大70度まで上方に旋回し、乗り手は簡単に乗り降りできる。シートは内側に15度旋回し、自動運転中に親密な対話環境をもたらす。シートのシンクロ駆動が各モードの乗り手それぞれの位置を最適化する。統合エレクトロニクスが好みの位置を記憶する。

*フロントシート:デザイナーが安全性、快適性、簡便性を配慮。コンセプトの中心は、シートが乗り手のボディーとともにリクライニングし、従来の範囲を超えたリクライニングもサポートする人体計測ピボットである。ヘッドレスト、両側アームレスト、レッグレストの関連部品はボディーの動きにシンクロし、現在の高級体験をサポートするようにデザインされている。Adientが特許を取得した「Comfort Shell」シート技術は、背骨に沿ったボディーに合わせ腰部を支える軽量で柔軟なパネルを提供している。

*リアシートのハイブリッド構造:一端が飛び出るリアシートのハイブリッド構造は、乗車時間の過ごし方にかかわらず、リアシート同乗者の快適性を最大化する。シートシステムはより多くのパーソナルスペースを確保して、最大45度のリクライニングの快適性と下部に収納できる統合型レッグレストを提供する。

*リアシートの収納:大きな荷物を運搬するため、リアシートのクッションとフレームを薄型スタジアムポジションに収納し、追加スペースを生み出す。

*リアシートのレッグレスト:リアシートの統合型レッグレストはばね鋼でできており、乗客のふくらはぎに押されたら曲がってクッション下に収納され、優れた荷物スペースになる。

*クッションコンソール:AI17の「Cushion Console」コンセプトは、後部乗客スペースに拡張するシームレスなフロントコンソールを提供し、腕全体を支え小物収納スペースを含むアームレストになる。

*アームレスト:フロントシート両側のアームレストは休憩、睡眠、社交的活動をサポートする。アームレストはフルリクライニングまで旋回座席位置でボディーとともに動く。

*ヘッドレスト:AI17は4方向のパワーおよびマニュアル・ヘッドレスト双方を備えている。フロントシートの幅広い4方向ヘッドレストはフルリクライニング、旋回座席位置で乗り手の頭を支える。マニュアルの4方向ヘッドレストは両側のつかみやすいハンドルと合体し、ヘッドレストの適切な調整をアシストする。

Adientの展示は1月9-12日、Cobo Centerの310Bでメディアと招待客に披露され、1月9日(月)午前6時半から記者会見が行われる。

世界有数の高級自動車見本市であるNAIASは1月9日(月)、メディアと業界関係者向けに開幕し、1月14日(土)から22日(日)まで一般公開される。詳細はwww.naias.com を参照。

▽Adientについて
Adientは自動車シートの世界的リーダーである。世界32カ国、230の製造/組立工場に従業員7万5000人を抱え、全車種、大手OEM各社向けの自動車シートを製造、納品している。シートシステム完成品から個々の部品まで、その専門技術は自動車シート製造のあらゆる過程に及んでいる。Adientは統合された社内スキルによって、研究・設計段階の製品をエンジニアリング・製造、さらに毎年2500万台以上の車両に展開している。Adientに関する詳しい情報はwww.adient.com を参照。

ソース:Adient

▽問い合わせ先
Mary Kay Dodero
+1-734-254-7704
mary.kay.dodero@adient.com

Investors: Mark Oswald
+1-732-254-3372
Mark.A.Oswald@adient.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。