logo

RECARO Automotive Seatingが全市場セグメント向けの3つのパフォーマンス・シートコンセプトを公開

RECARO Automotive 2017年01月10日 11時36分
From 共同通信PRワイヤー

RECARO Automotive Seatingが全市場セグメント向けの3つのパフォーマンス・シートコンセプトを公開

AsiaNet 67051(0036)

【デトロイト2017年1月10日PR Newswire=共同通信JBN】
*2017年北米国際自動車ショー
*レースにおける当社のレガシーとリーダーシップから着想を受け、RECARO Automotive Seatingがパフォーマンス、パワー、ラグジュアリーを発信するプレミアム・シートコンセプトを紹介

Adient(NYSE:ADNT)の製品グループRECARD Automotive Seatingは、2017年北米国際自動車ショー(2017 North American International Auto Show、NAIAS)で、拡充した高性能シーティングのポートフォリオを公開した。新しい3つの製品コンセプトは、SUV向けに特別開発されたコンセプトシートに凝縮されている。

Photo - リンク
Photo - リンク
Photo - リンク

Adientのインゴ・フレイシャー副社長(グローバル・スペシャリティー・シーティング担当)は「北米市場で、われわれはハイパフォーマンス・セクターの特別限定車や特定分野車両向けの高度に特化したシートメーカーとして一般的に知られている。Adientを昨秋発表したことで、われわれは世界の自動車シーティング市場で新しく、かつより広範な位置取りを採用し、RECARD Automotive Seatingのパフォーマンス・カルチャーを活用し、これをシーティング・セグメントに持ち込む」と語った。

フライシャー副社長はさらに、RECARD Automotive Seatingチームがさまざまなパフォーマンス・セグメント向けに、Composite SeatとComplete Seatに関するRECAROブランドのアプローチを紹介する3つの新しいコンセプトシートを展示していると語った。

▽Premium Performance
SUVおよびピックアップトラック向けに設計されたPremium Performance ラインにおけるRECARD Automotive Seatingのコンセプトシートは、スポーティーな考え方およびパフォーマンスとドライブの快適さを一体化させ、RECARD Automotive Seatingのレーシング伝統がSUVとライトトラックに応用できることを示す1つの実例である。

総合試験のあと、このコンセプトシートは最適化された人間工学と快適性を特にSUVで提供するために開発された。バックレストには高級レザー仕立てのアジャスタブルなサイドボルスター、さらに容易なアクセスを可能にするフラットシート・クッションが一体となったシートは固めだが快適なフィーリングを保ち、アクティブなライフスタイル向けのスポーティーシートとしての外観、感触、性能を発揮することを目指している。

Adientのスペシャリティー・シーティング・グループのエグゼクティブディレクターであるマルクス・クッスマウル氏は「ショルダーと胴のシェルを分けたデザインによって、バックレストの形状は最適なサイドサポートを提供する。さらに、バックレストのサイドボルスターはアジャスタブルである。フラットシートのクッションはアクセスを容易にする。マルチレベルのシートヒーティングとクーリング、パワーティルト、ハイト、前後・リクライニング機能、統合型ヘッドレスト、統合型ランバーサポートによって、高度な快適性とRECARD Automotive Seatingエルゴノミクスおよび明確なスポーティータッチを一体化させている」と語った。

▽Power Performance
Power Performanceラインを象徴する全く新しいコンセプトシートはスポーツカー、ハイパフォーマンスの大量生産車にぴったりとマッチし、RECARD Automotive Seatingの有名デザイン、フォーム、トリム、エルゴノミクスをOEMシリーズのメタル構造に適用するコンセプトの1つの実例である。

クッスマウル氏は「RECARO Power Performanceコンセプトシートは、性能と日常運転の快適性の完璧なバランスをとっている。このシートは自動車が公道やレーストラックを走行しても、ドライバーと乗車体験の良好な関係を提供する」と語った。

クッスマウル氏は、グリップ感のあるスエードを織り込んだクッションの安定感、顕著なホールド感、ショルダーのサポート、統合型ヘッドセットが、高度なスポーツシートにあるべき外観、感触、性能を実現するように意図していると語った。RECARD Automotive Seatingによるシートは人間工学に沿って設計され、長時間にわたる快適性と安全を最適化し、日常運転の利便性を犠牲にすることなくドライバーをサポートする。

Power Performanceコンセプトシートは、黒地に深紅のセンターストライプをあしらった特徴あるスポーツデザインになっている。シートの機能には、ドライバーシート・メモリー機能を備え、乗員を包み込み、適切な位置に保つパワーアジャスタブルのシートボルスター、4方向のランバーサポート、パワーティルト、高低、前後・リクライニング機能、マルチレベルのシートヒーティング、サイド・エアバッグ、シート使用検知機能がある。

▽Luxury Power Performance
全く新しいLuxury Power Performanceコンセプトシートは、OEMおよびアフターマーケット・アプリケーション向けに設計されている。それは高級なスポーティーな乗車性能、優れた快適性、エルゴノミクスを提供し、RECARO Composite Seatソリューションの1つの好例である。

このシートは、レザーやパンチングアルカンタラなどの高級素材を使用し、可変シートクッション、最大限のサポートを提供するアジャスタブル・サイドボルスター、4方向パワー空気圧式ランバーサポート、天候パッケージなどのパワーアジャストメント機能を搭載している。

モジュラー型RECARO Sport Seat Platformの派生製品は将来のプラットフォーム・アプリケーション向けの全く新しいLuxury Power Performanceシートコンセプトを紹介し、RECARO Complete Seatコンセプトの1つの実例である。Luxury Power Performanceラインの両コンセプトはプレミアムスポーツカー向けに設計され、ハイエンドのスポーツ性と最大限の乗車快適性とを融合させている。

RECARO Automotive Seatingは、デトロイトのCobo CenterにあるAdientの展示ルーム310Bで同社のシートコンセプトを展示する。展示は1月9日から12日まで、メディアおよび招待ゲストに公開され、1月9日午前6時30分に記者会見が行われる。

世界のプレミアム自動車展示の1つであるNAIASは1月9日、メディアと業界関係者に公開される。NAIASは1月14日から22日まで一般公開される。詳細はウェブサイトwww.naias.com を参照。

▽RECARO Automotive Seatingについて
RECARO Automotive Seatingはジョンソンコントロールズ(Johnson Controls)の製品グループである。同社はドイツ、ポーランド、スロバキア、日本、メキシコ、米国の8カ所で、ブランド名RECAROの下、コアコンピタンスであるデザイン、エルゴノミクス、クラフトマンシップ、堅ろう性、軽量骨組み、第1級のワークマンシップを象徴するシートを設計、製造、販売している。RECARD Automotive Seatingは次の2部門で構成されている。Recaro Car SeatingはOEMおよびアフターマーケット向けの乗用車向けシートを提供、Recaro Commercial Vehicle SeatingはOEMおよびアフターマーケット・セグメント向けの商用車シートに注力している。

▽Adientについて
Adientは自動車シートの世界的リーダーである。世界33カ国、230の製造/組立工場に従業員7万5000人を抱え、全車種、大手OEM各社向けの自動車シートを製造、納品している。シートシステム完成品から個々の部品まで、その専門技術は自動車シート製造のあらゆる過程に及んでいる。Adientは統合された社内スキルによって、研究・設計段階の製品をエンジニアリング・製造、さらに毎年2500万台以上の車両に展開している。Adientに関する詳細はウェブサイトadient.com を参照。

ソース:RECARO Automotive

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。