logo

Aras、世界最大のクルマの先端技術展「オートモーティブワールド」(於:東京ビッグサイト)で講演

「SE/MBSEとPLMを統合させるために知っておくべきポイントと仕組み」と題し、SE/MBSEとPLMを連携する実現方法を紹介

エンタープライズ・プロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウェアの次世代リーディングカンパニーであるArasは、本日、リードエグジビションジャパン株式会社主催の第9回オートモーティブワールドの専門セッション「モデルベース システムズエンジニアリング 最前線!」で講演することを発表しました。このイベントは、東京ビッグサイトで1月18日から20日まで開催される、カーエレクトロニクス、自動運転、コネクティッド・カー、電動化、軽量化等をテーマにした、世界最大規模のクルマの先端技術展です。

講演では、アラスジャパン社長 久次 昌彦が、「SE/MBSEとPLMを統合させるために知っておくべきポイントと仕組み」と題し、SE/MBSEとPLMを連携させる際の注意点およびその実現方法について、Airbusの協力を得ながら開発しているCameo Systems ModelerとAras Innovatorの連携事例を交えながらご紹介します。

<専門セッション講演詳細>
日時:2017年1月20日(金)14:25~15:10
会場:東京ビッグサイト
アジェンダ等の詳細:リンク

久次はまた、本イベント構成展「第9回カーエレクトロニクス技術展」の株式会社 図研様のブースにて、「『つくりたいクルマ』のDNAを継承するクルマづくり」と題した特別対談セッションにも登壇することになっています。

<対談セッション詳細>
日時:2017年1月18日(水)13:30~14:00
ブース場所:東京ビッグサイト 東5ホール/小間番号E40-4
詳細:リンク

【Arasについて】
Arasは、複雑な製品・プロセス構造に悩むグローバル企業にベストなプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウェアを提供しています。高い拡張性、柔軟性、アップグレード性を備えたそのレジリエント(しなやか)なプラットフォーム技術は世界の大手企業に採用されており、Business of Engineering(ものづくりビジネス全体の効率化)を実現するための機能として必要なアプリケーションも完備しています。Airbus、GE、日立、ホンダ、川崎重工業、モトローラ、ゼロックスなど、世界中のビジネス顧客がArasを採用しています。Arasは米国マサチューセッツ州に本社を構えるプライベートカンパニーです。詳細に関してはウェブサイト リンク、Facebook リンク、および Twitter @ArasJapan をご覧ください。

※ここに掲載されている製品名称やサービス名称はそれぞれ各所有者の登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。