logo

落語家が大学生に教える「人を引き付ける話し方」講座を開催 -- 淑徳大学

淑徳大学 2017年01月10日 08時05分
From Digital PR Platform


淑徳大学総合福祉学部(千葉市中央区)教育福祉学科は平成29年1月11日、落語家の三遊亭遊馬師匠を招き、「人を引き付ける話し方講座」を開催する。これは「教職実践演習」の最終回の授業で開講されるもので、教育者として社会に巣立つ学科生に対し、コミュニケーションの力のすばらしさを教授する。当日はマスコミの取材も可能(要事前連絡)。


 淑徳大学総合福祉学部の教育福祉学科は「学校教育コース」と「健康教育コース」からなり、主に学校教員や保育士を養成する高等教育機関である。
 今年4月に社会に巣立つ学生たちに対し、「教職実践演習」という講義を通し、教壇で役立つさまざまなスキルを高める指導を行っている。1月11日に開講される最終回の授業では、東京の寄席で活躍する真打の落語家を招請。コミュニケーション力が重視される教育者のたまごたちに、プロの話し方講座を開く。

 登壇するのは三遊亭遊馬師匠。2014年には、「平成26年度(第69回)文化庁芸術祭賞大衆芸能部門」で大賞を授賞している。これから社会人になる学生たちに、プロの落語家は何を伝えるのか。そしてどんなメッセージを残してくれるのか。授業の概要は下記の通り。

【日 時】 平成29年1月11日(水)
      午前10時40分~12時10分
【場 所】 淑徳大学千葉キャンパス 6号館 301教室

※当日は、マスコミの方々の取材も受け付けます。詳細は下記までお問い合わせください。

※三遊亭遊馬師匠 公式ホームページ リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 淑徳大学総合福祉学部教育福祉学科 准教授 松浦俊弥
 E-Mail: tmatsu@soc.shukutoku.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事