logo

学部を越え、学外へと広がる学び。キャンパスと地域を飛び回り、社会に貢献する新たな連携をうみだす。-- 京都産業大学

京都産業大学 2017年01月07日 08時05分
From Digital PR Platform


京都産業大学の学生養蜂チーム「ミツバチ同好会BOOON!!」は人間の世界に似た社会構造を持つミツバチに触れることで、昆虫の特徴や生態、人間社会との関わり、ミツバチを取り囲む環境について学ぶことを目的に結成された。現在9名の学生が採取したハチミツを利用し社会へミツバチの魅力を伝えること、社会貢献活動を行うことを目標に活動している。


 京都産業大学のキャンパス内で養蜂活動を行っている「ミツバチ同好会BOOON!!」。学生自ら巣箱の世話をし、採取したハチミツを大学祭で提供するなど、精力的に活動している。
 もともとは総合生命科学部が行っていたミツバチ研究から発足した学生団体が他学部に広がり、今では文理を問わず多くの学生が参加する全学的な団体へと成長した。
 養蜂活動のほかにも、経済学部のゼミと連携してハチミツの流通について学び、ポスターにまとめて発信する取り組みも行っている。さらに自分たちが採取したハチミツを使った商品開発や地域に花を植えるボランティア活動など、学内外に貢献できるような企画も考案中。花から花へ飛び回るミツバチのように、キャンパスから地域へと飛び回り、新たなコラボレーションをうみだそうと奮闘している。

 「ミツバチ同好会BOOON!!」がキャンパス内の養蜂活動で採取したハチミツとカシスを原材料にした商品「はちみつドロップ ブラックカラント」が、「ミール・ミィ(株式会社金市商店)」の三条本店、京都高島屋店(地階)および株式会社サギタリウス企画(通信販売)にて販売されている。

※「はちみつドロップ ブラックカラント」詳しくはこちら
 リンク

   むすんで、うみだす。  上賀茂・神山 京都産業大学

※京都産業大学HPでも紹介
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 京都産業大学 広報部
 TEL: 075-705-1411
 FAX: 075-705-1987
 E-mail: kouhou-bu@star.kyoto-su.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事