logo

NVIDIA、 ゼンリンと日本向けHD マップ整備に対する AI の活用について共同研究することで合意

NVIDIA 2017年01月06日 17時09分
From PR TIMES



[画像: リンク ]


2017 年 1 月 4 日 - ネバダ州ラスベガス、コンシューマー エレクトロニクス ショー (CES) -NVIDIA (本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼 CEO : ジェンスン・フアン (Jen-Hsun Huang)、Nasdaq : NVDA) は本日、日本最大手の地図情報会社、ゼンリンと自律走行車両用のCloud-to-CarのHDマップソリューションについて共同研究することで合意しました。

共同研究の対象は、データ収集を行う車両側とクラウド側、両方における一連のプロセスを含みます。

●  現地調査を行う計測車両では、車載コンピュータの NVIDIA DRIVE™ PX 2 AI とNVIDIA DriveWorks ソフトウェアを使い、カメラや LIDAR センサで収集した膨大なデータを処理することができます。ディープラーニングの活用により、詳細な環境モデルの生成に必要な画像認識や地物検出、属性分類もリアルタイムに行うことができます。

●  データ センタ側では、NVIDIA GPU と NVIDIA MapWorks ソフトウェアを使って複雑なデータを処理し、多数の車両から届くデータをコンパイルして登録し、3D マップを作成することができます。

ゼンリン 研究開発室長の原口幸治氏は、次のように述べています。「ゼンリンのビッグデータには、計測車両から取得した道路画像と点群データ等が含まれています。このビッグデータと NVIDIA の AI テクノロジを融合することで、非常に短いリードタイムで、より広範囲のHDマップを自動車メーカー各社に提供できると期待しております。」

NVIDIAオートモーティブ事業担当バイスプレジデント 兼 統括マネージャーのロブ・チョンガー (Rob Csongor) は、次のように述べています。「NVIDIA の GPU テクノロジと DriveWorks、MapWorks を活用することにより、ゼンリンは、地図整備プロセスを加速させ、現実世界で変化が起きた際にその変化点を簡単に検出できるようになります。」

また、NVIDIA では、ゼンリンの HD マップをベースとしてローカライゼーションの技術を開発しています。この技術を DriveWorks に組み込めば、自動車メーカーは、車両に搭載された DRIVE PX 2 を使ってローカライゼーション機能を統合することができます。

ゼンリンは、創業以来 60 年以上にわたって日本の地図制作に従事してきました。現実世界の目まぐるしい変化に対応し、鮮度の高い地図を整備するツールとして、ゼンリンは人工知能の活用を推進しています。

NVIDIAについての最新情報:
公式ブログNVIDIA blog、 Facebook、 Google+、 Twitter、LinkedIn、Instagram、NVIDIAに関する動画YouTube、 画像Flickr。

NVIDIAについて
NVIDIAが 1999 年に開発した GPU は、PC ゲーム市場の成長に拍車をかけ、現代のコンピューターグラフィックスを再定義し、並列コンピューティングを一変させました。最近では、GPUディープラーニングが最新のAI、つまりコンピューティングの新時代の火付け役となり、世界を認知して理解できるコンピュータ、ロボット、自動運転車の脳の役割をGPUが果たすまでになりました。今日、NVIDIAは「AIコンピューティングカンパニー」として知名度を上げています。詳しい情報は、リンク をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。