logo

ライトウェアがHEREとのコラボ発表

ライトウェア(Rightware) 2017年01月06日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

ライトウェアがHEREとのコラボ発表

AsiaNet 66963 (0038)

【ラスベガス2017年1月6日PR Newswire=共同通信JBN】
*リアルタイムの位置データを主要なユーザーインターフェース・ツールに統合

自動車産業向けユーザーインターフェース・ソフトウエアの大手プロバイダーであるライトウェア(Rightware)と位置情報サービスの大手プロバイダーHEREは6日、自動車デベロッパーがリアルタイムの位置データを見事なデザインのユーザーインターフェースに簡便かつ迅速に統合できるようにするコラボレーションを発表した。

(Logo: リンク

この提携により、ライトウェアのKanzi UIソフトウエアとHEREのOpen Location Platform(オープン位置情報プラットフォーム)が統合され、革新的な位置データを組み込むシームレスなユーザーインターフェース設計の強力なツールセットをデベロッパーに提供する。ライトウェアとHEREはラスベガスのCES 2017で、厳選されたオーディエンスにコラボをデモしている。

自動車デベロッパーはこの統合で、ユーザーインターフェースの不可欠な部分としてリアルタイムの位置情報サービスを利用して、ユーザーインターフェースの制作・設計が可能になる。HERE Open Location Platformのクラウドベース・API駆動アーキテクチャーは最新自動車アプリケーションの開発時間を大幅に短縮し、デベロッパーがケースごとに正しいデータを選択できる豊富なデータを提供する。

ライトウェアのヨナス・ゲウスト最高経営責任者(CEO)は「HERE Open Location Platformと当社Kanzi UIソフトウエアの統合は、自動車ユーザーインターフェースの必須部分として位置データを使用する能力を自動車デベロッパーに与える。これは、自動車メーカーが位置に基づくデータ利用が可能な最新のコネクテッドカー・サービスを提供する新たな可能性を開き、未来の車のデジタルユーザー体験が大幅に向上される」と語った。

HEREのニコラス・グベール製品担当副社長は「自動車はクラウドの膨大なリアルタイム位置情報にアクセスして、新しい個人向け分化体験の豊かな可能性を与えることになる。われわれはOpen Location Platformによって、ライトウェアのような革新的パートナーがたやすく位置データにアクセスし、それですごいことができるよう尽力している。われわれのコラボは、短期間に何をつくり出せるかを示すものでもある」と話した。

▽ライトウェア(Rightware)について
ライトウェア(Rightware(R))は先進的なユーザーインターフェース技術で市場をリードしており、素早いユーザーインターフェース設計・開発を実現するKanzi(R)ソフトウエア製品ファミリーによって自動車業界およびエンベデッド業界に寄与している。ライトウェアは2016年、デロイトの最も急成長するテクノロジー企業ランキング「Fast 50」に選ばれている。フィンランドのヘルシンキに本社を構え、シリコンバレー、デトロイト、ソウル、東京、上海、トリノ、ロンドン、ミュンヘンにプレゼンスがある。

▽HEREについて
Open Location Platformの企業であるHEREは、市民、企業、都市が位置パワーを利用できるようにする。HEREは位置レンズを通して世界を理解することによって、都市のインフラ運営や企業の資産最適化を助けることからドライバーを安全に目的地に導くことまで、顧客がよりよい結果を達成するよう力づける。新世代のクラウドベース位置情報プラットフォーム・サービスなどHEREの詳しい情報はリンク およびリンク を参照。

▽問い合わせ先
Ying Xiong, Marketing Manager
+358440915076
ying.xiong@rightware.com

ソース:Rightware

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。