logo

AIチャットなどを活用した、不動産仲介会社とユーザーのコミュニケーションツール「ノマドクラウド」のLINE利用開始

イタンジ株式会社 2017年01月06日 11時20分
From PR TIMES

イタンジ株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役CEO:伊藤 嘉盛、以下 イタンジ)は、主力サービスの1つである、AIを活用した、不動産賃貸仲介会社向けの顧客管理(CRM)・営業支援の クラウドシステム『ノマドクラウド』(リンク)のLINE利用が開始しました。



『ノマドクラウド』は、クラウド上で不動産の見込み顧客に対し、メールやプッシュ通知を使って コミュニケーションを取りながらシステムで自動的に物件情報やメルマガを配信することができる、不動産賃貸/仲介会社向けの顧客管理(CRM)・営業支援システムで、現在約200店舗で導入されています。今回LINEでもユーザーとのコミュニケーションをとることができる機能が追加され、導入企業が増加しています。

これにより、ノマドクラウドの専用チャットだけでなく、LINE上でも営業マンとユーザーが簡単に素早く、チャット会話をすることが可能になりました。仲介手数料や内見に関するような頻出する質問には、AIチャットが対応する他、自動的に「その後、気になるお部屋は見つかりましたでしょうか?」などのコメントとともに、ユーザーの希望条件にあった物件情報配信を継続します。 ユーザーは、気に入った物件の詳細ページに遷移したあと、個別の物件についてチャットを利用して詳細の質問をしたり、カレンダーから来店・内見の予約をすることが可能です。

不動産仲介会社は開封率の高いLINEを使用することで、効率的にユーザーへ情報を届けることができ、ユーザーは空き時間を使って、より手軽に物件情報を受け取ることができるのが、大きなメリットです。
※ノマドクラウドのLINE導入は、キャンペーン中につき2017年1月31日まで無料です。
[画像1: リンク ]

【ノマドクラウドLINE追加の方法/ ユーザー側】

『ノマドクラウド』導入の不動産賃貸仲介会社からの顧客宛てに送信されるメールにある、「LINE友達追加ボタン」をクリックすると、WEBページに遷移し、3文字の認証コードが発行されます。その後、オペレーションに従い、LINE上で該当する不動産会社を友達追加し、LINEチャット上で先程確認した認証コードを送信すると、専用チャットだけでなく、LINEでも物件情報を受け取ったり、チャット会話をすることが可能になります。
[画像2: リンク ]


【ノマドクラウドLINE利用/ユーザー側】

上記、友達追加をすると自動的に希望条件にあう物件情報がLINEで送られてきます。AIや営業マンとLINE会話をでき、物件について問い合わせたり、内見の予約をとることが可能です。
[画像3: リンク ]

「不動産業界をITによって活性化することで、人々の暮らしを豊かなものに。」というスローガンのもと、今後もイタンジは、不動産のIT化を中心とした幅広いサービスを展開してまいります。

■会社概要
会社名: イタンジ株式会社 (リンク
所在地: 東京都港区麻布永坂町1番地 麻布パークサイドビル3F
代表者: 代表取締役CEO 伊藤 嘉盛
設立  : 2012年6月
免許番号:東京都知事(1)第97017号
事業内容:
音声による自動物件確認システム「ぶっかくん」の運営
不動産仲介会社向けの営業支援クラウドシステム「ノマドクラウド」の運営
無店舗型のインターネット不動産仲介サービス「ノマド」の運営
人工知能による物件価格査定システム「VALUE」の運営
不動産業務におけるIT活用コンサルティング 等

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。