logo

Strategy AnalyticsがCATV/ブロードバンド市場には好機だがRFは足踏みと予測

Strategy Analytics 2017年01月05日 20時03分
From 共同通信PRワイヤー

Strategy AnalyticsがCATV/ブロードバンド市場には好機だがRFは足踏みと予測

AsiaNet 67043(0033)

【ボストン2017年1月5日PR Newswire=共同通信JBN】
ガリウムナイトライド(GaN)技術は収益を伸ばす

DOCSIS 3.1(Data Over Cable Service Interface Specification)ネットワークはCATV/ブロードバンド・サービスプロバイダーにとって新しい時代の到来を告げる。この仕様はケーブルオペレーターが現在のファイバー・サービスと競争できるサービスおよびデータスピードを提供するとともに、ネットワーク進化に向けた明確な道筋を提供する。

Logo - リンク

Strategy Analytics Advanced Semiconductor Applications(ASA)サービス・リポート「CATV/Broadband Infrastructure Amplifier Forecast and Outlook: 2015 - 2021(CATV/ブロードバンド・インフラストラクチャー・アンプリファイアーの予想と展望:2015年-2021年)」は、DOCSIS 3.1ネットワークがオペレーターおよび消費者に明確な恩恵をもたらすものの、ネットワークのRF分野の優位性は明確でないと指摘した。このリポートは、RF収益がDOCSIS 3.1ネットワーク展開を受けて2016年でピークに達し、ファイバーがネットワークに深く浸透する予測期間の後半で減少すると結論づけた。リポートはまた、GaNテクノロジーがこの市場アプリケーションでは収益成長できる唯一のRF技術であるとも推測している。

リポートを参照するには以下をクリック。
リンク

Strategy AnalyticsのAdvanced Semiconductor Applicationsサービス担当のサービスディレクターであるエリック・ハイアム氏は「DOCSIS 3.1は、CATV/ブロードバンド業界にとって重要な成果である。DOCSIS 3.1は、ネットワークの進化する道筋を提供し、オペレーターが消費者のニーズによって決定される容量およびサービスを追加することを可能にするとともに、ファイバー代替手段と競争できるものである。RF業界の課題はデバイス機会を拡大することである。なぜなら、DOCSIS 3.1ネットワークによって実現されるデータトラフィックの増加に対応して、ファイバーがHFC(Hybrid Fiber Coax)ネットワークに深く浸透するからである」と語った。

Strategy AnalyticsのAdvanced Defense Systemsサービス担当のサービスディレクターであるアシフ・アンワル氏は「GaNはパフォーマンスの優位性があり、CATV/ブロードバンド・インフラストラクチャー・ネットワークにおけるパワーアンプリファイアーに優先して採用される技術になる。これは、予測期間において小さな収益の伸びを実現する」と語った。

▽Strategy Analyticsについて
Strategy Analytics, Inc.は、新興の技術、モバイル、ワイヤレス、デジタル消費者、車載エレクトロニクス企業向けのアドバイザー・サービス、コンサルティング、実行可能な市場インテリジェンスによって競争力を提供する。Strategy Analyticsは北米、欧州、アジアにオフィスを構え、企業が成功する知見を提供する。www.StrategyAnalytics.com

▽米国の問い合わせ先
Eric Higham
+1 617 614 0721
ehigham@strategyanalytics.com

▽欧州の問い合わせ先
Asif Anwar
+44(0) 1908 423635
aanwar@strategyanalytics.com

ソース:Strategy Analytics

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。