logo

臓器調達機関Gift of Life Donor Programが臓器提供の記録を樹立

Gift of Life Donor Program 2017年01月05日 15時25分
From 共同通信PRワイヤー

臓器調達機関Gift of Life Donor Programが臓器提供の記録を樹立

AsiaNet 67046(0025)

【フィラデルフィア(米ペンシルベニア州)2017年1月5日PR Newswire=共同通信JBN】
*米臓器調達機関(OPO)が初めて年間500人の臓器提供者に達し、それを超える

米ペンシルベニア州東半分、ニュージャージー州南部、デラウエア州で活動している非営利・連邦政府指定の臓器調達機関(OPO)であるGift of Life Donor Programは9年目にして、540人の臓器提供者から救命目的の臓器を調整することに成功した全米代表的なOPOとなり、この寛大な贈り物は1412の臓器移植という結果になった。この出来事は、臓器提供・移植の歴史上、このレベルの臓器提供(提供者が500人を超える)を達成した初のOPOとなる。Gift of Lifeはまた12月、62人の臓器提供者から167の臓器移植という月間全米記録を破った。Gift of Lifeの年間臓器提供率は、100万の人口に対して49人の臓器提供者に相当し、世界で最高にランクされる。

Photo - リンク

Gift of Lifeはさらに、2016年に2575人の提供者の体組織を回収した。これら救命かつ強化された臓器提供は、最高10万人の人々に役立っており、1305例の骨の寄贈で歩行改善、火傷した患者への皮膚提供、命にかかわる血管を修復する心臓弁などを提供してきた。

Gift of Life Donor Programのハワード・M・ネイサン会長兼最高経営責任者(CEO)は「Gift of Lifeが記録を樹立する年は、ひとえに臓器提供者とその家族の無私無欲の心から実現する。しばしば想像を絶する悲しみにもかかわらず示す彼らの力と思いやりには頭が下がる。われわれは1974年以来、提供者の家族、移植を受ける人、移植の順番待ちリストに乗った数千の人々を支えてきた。われわれは地域の15の臓器移植センターと131の救命病院で構成するパートナー病院の素晴らしい能力とコミットメント、日夜、年中休みなく働く有能かつ献身的なスタッフに限りない感謝の念を表明する。彼らは真に、人々の人生に2回目のチャンスを与えている」と語った。

これら素晴らしい物語はGift of LifeのSecond Chance Blog( リンク )で共有されている。こんな実話がある。心臓移植を受けた後に大学に戻り、サッカーを始める高校上級生。また息子が臓器提供者で臓器提供の大切さを20万以上の学生に話しかけて以来30年たった家族。さらには2年以上にわたり命を救う腎臓移植を待ち焦がれている3人の子供を持つ父親の優しさなど。

臓器移植のレガシーは何世代も続き、多くの移植を受けた人々が彼ら自身の家族を持つようになる。2016年、Gift of Lifeの全米移植妊娠登録機関(TPR)は25周年を祝った。TPRは1991年以来、移植後の妊娠状況4000件を追跡し、家族計画決定する数多くの移植を受ける人と情報交換してきた実績がある。TPRは臓器・組織提供教育の国際的なリーダーであり、2004年以来37カ国の9000人に近いプロフェッショナルを訓練してきた。

移植コミュニティーへのGift of Lifeの献身は、移植患者とその家族に対する「第2の故郷」が含まれる。Gift of Life Family Houseのスタッフとボランティアは2016年、8605泊の宿泊ケア、3万244食分の食事、1677回の病院往復輸送手段を提供した。2011年7月に創設されて以来、Family House は、3万6000泊の宿泊と14万1628食分の食事を提供した。

現在移植手術が進歩していることから、臓器提供の需要も伸びている。米国では臓器移植待ちの人が、毎日約22人死亡している。この地域で移植待ちの男女、子供は5600人余りいて、全国では11万9000人が待機している。95%の人々が臓器提供を支持しているのに対して、オンライン(リンク )で手続きが30秒もかからないというのに、その半数以下しか臓器提供を登録していない。

▽Gift of Life Donor Programについて
Gift of Lifeは1974年以来、4万2000以上の臓器移植、推定60万人の組織移植を調整してきた。1人の臓器提供者は最高8人の生命を救い、体組織の提供者は最高75人の生命を強化する。詳しい情報と臓器提供登録はdonors1.org(リンク )を参照。

ソース:Gift of Life Donor Program

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。