logo

C&Dアモイ国際マラソンでエチオピアのランナーが男女トップ3に

Xiamen SMG Sports Limited 2017年01月05日 18時19分
From 共同通信PRワイヤー

C&Dアモイ国際マラソンでエチオピアのランナーが男女トップ3に

AsiaNet 67035 (0021)

【アモイ(中国)2017年1月4日PR Newswire=共同通信JBN】
*2017年アモイ国際マラソンでエチオピアのランナーが男女トップ3タイトルを獲得した

Xiamen SMG Sports Limitedが独占開催の2017年C&Dアモイ国際マラソンは現地時間2日の午前8時、アモイ国際会議場・展示センターでスタートした。この前例のない集まりでは、31の国と地域から25人の特別に招待された選手と3万人のランナーがマラソン会場としては世界有数の美しさを持つHuandao Roadを走った。その結果、今年のマラソンはエチオピアのランナーが男女両方のトップ3を独占した。

予想されていた通り、今大会で高い人気のレミ・ベルハヌ選手が男子レースで優勝、タイムは2時間8分27秒だった。女子ランナーではメセレト・メンギスツ・ビル選手が2時間25分58秒のタイムで優勝した。

男子チャンピオンのレミ・ベルハヌ選手は2016年ボストンマラソンで優勝し、さらに2016年の五輪で13位だった。初めてマラソンの大会に出場したのは2014年で、それからわずか2年間で世界最高のアスリートのひとりと認知された。同選手はレース後のインタビューで「アモイは美しい都市で、このように晴れた日のレースに参加できてうれしい。組織委員会から招待を受けたことに心から感謝している。たったひとつ残念だったのは、高い気温が自分のパフォーマンスに影響したことだ」と述べた。

女子レースで優勝したメセレト・メンギスツ・ビル選手は2015年パリマラソンと2016年北京マラソンの両方で優勝している。レース後のインタビューで「レースで勝ててうれしい。また、アモイ市と組織委員会に感謝したい。気温が高く、レースの後半でパフォーマンスに影響して自分のベストタイムを破れなかったのが残念だ」と述べた。

ソース:Xiamen SMG Sports Limited

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事