logo

TriLuminaが次世代FLASH LiDAR発光モジュールでAnalog Devicesと提携

TriLumina Corp. 2017年01月05日 10時55分
From 共同通信PRワイヤー

TriLuminaが次世代FLASH LiDAR発光モジュールでAnalog Devicesと提携

AsiaNet 67026(0017)

【アルバカーキ(米ニューメキシコ州)2017年1月4日PR Newswire=共同通信JBN】TriLumina Corp.は4日、車載FLASH LiDAR(フラッシュ・ライダー)システム向けの新しい統合ソリッドステート発光モジュールに関してAnalog Devices, Inc.(ADI)との提携を発表した。TriLuminaの革新的な垂直共振器面発光レーザー(VCSEL)アレー・レーザー発光体とADIが特許申請中の高速パルスレーザー・ドライバーの統合は、単一の小型表面実装ICパッケージの中で高出力の光パワーを達成するクラス最高の発光素子を実現する。この組み合わせはコスト効率にすぐれた高性能LiDARシステムに向けたマイルストーンとなる。TriLuminaとADIの提携は次世代車載LiDARシステムの一体企業としての地位を明確に発信している。

Logo - リンク

TriLuminaはソリッドステート、裏面発光、フィリップチップVCSELアレーに基づく独自の発光デバイスを提供する。TriLuminaのブライアン・ウォン最高経営責任者(CEO)は「ADIのドライバー技術と組み合わせることで、これらのレーザーはより大きな光パワーを提供し、FLASH LiDARシステムの到達距離を長くすることを可能にする。われわれは車載ADASソリューションの影響力のあるリーダーのADIと協力できることをうれしく思う」と語った。

Analog Devicesの自動車安全グループ担当ゼネラルマネジャーであるクリス・ジェイコブ氏は「われわれは電力効率に優れた小型設置面積のLiDAR発光体でTriLuminaと協力できることを大変うれしく思う。LiDARはレーダー、慣性センサーとともに、ADIの自動車安全戦略の主柱である。自動緊急ブレーキ(AEB)や自動運転などの機能が普及するに伴い、LiDARは安全システムにとって不可欠の要素になる」と語った。

先進運転システム(ADAS)は衝突回避、歩行者検知、多岐の自動運転機能など、一連の安全機能を組み込んでいる。将来の自動車安全システムはカメラ、レーダー、LiDARのセンサーフージョンに依存する。LiDARはカメラとレーダーをつなぎ合わせ、物体認識と距離測定の両方を提供する。現行の車載LiDARソリューションは、大きな機械サイズ、芳しくない信頼性、高コストなど大きな難点を抱えている。TriLuminaと定評ある自動車サプライヤーのADIとの提携はこの現行の弱点を克服し、LiDARシステムを大量市場への普及を実現する。

▽TriLumina Corp.について
TriLuminaは、自動運転、ADASシステムを実現するソリッドステート、裏面発光VCSELレーザー技術で世界をリードするプロバイダーである。TriLuminaの高出力レーザー発光体は、光検出と測距(LiDAR)、ドライバーモニタリング・ソリューション(DMS)向けに低コスト、小型のスモールファクター、高出力発光を提供する。詳細はウェブサイトリンク を参照。

ソース:TriLumina Corp.

▽問い合わせ先
Luke Smithwick
1-512-608-1476
luke@trilumina.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。