logo

マイクロソフト、NXP、IAVなどがCES 2017で安全・セキュア・パーソナル化の自動運転イノベーションを紹介

マイクロソフト 2017年01月04日 14時46分
From 共同通信PRワイヤー

マイクロソフト、NXP、IAVなどがCES 2017で安全・セキュア・パーソナル化の自動運転イノベーションを紹介

AsiaNet 67014(0004)

マイクロソフト、NXP Semiconductors、IAVなどがCES 2017で安全・セキュア・パーソナル化の自動運転イノベーションを紹介

【ラスベガス2017年1月3日PR Newswire=共同通信JBN】マイクロソフト(Microsoft Corp.)、NXP Semiconductors、IAVと、オートモビリティー・パートナーであるCubic Telecom、Esri、スイス・リーは1月4日から8日までラスベガスで開催されるCES 2017で、高度な自動運転デモンストレーションと体験を通じた安全かつセキュアなエンドツーエンド・モビリティーに関する共通ビジョンを紹介する。

Logo - リンク

CES訪問者は、ラスベガス・コンベンションセンターのGold Lot/North Plaza NP-2から高度自動運転車両のテストドライブを体験し、自動車がクラウドおよび人工知能が他の車両と「会話」して周囲で起きていることをモニターして安全を向上させ、自動車がさまざまな運転スタイルに適応してパーソナル化されたドライビング体験を提供する方法を見学することができる。訪問者はこれらの新興テクノロジーが新しくて柔軟な保険モデルを実現する方法も知ることができる。

以下のテクノロジーがCESで行われる概念デモンストレーションに組み込まれている。

*マイクロソフトは、人工知能を搭載するロボットがドライバーの安全、関与、スケジュールおよび好みとの調和を向上させることに役立つ未来シナリオを紹介する。マイクロソフトはMicrosoft Azure Cloudを使って、 V2X、レーダー、カメラ、LIDARなどのセンターデータに基づきリアルタイムで現在の交通状況、歩行者密度も分析する。

*NXP Semiconductorsは、車両間(V2V)、車両および周辺インフラストラクチャー(V2I)との間におけるセキュアな通信を通じて道路の安全と交通の流れを向上させることを展示する。使用例には、衝突警告、インテリジェントな交通信号、交差点での道路利用弱者の検知などが含まれる。これらはすべてNXPのオートモーティブRoadLINK製品を利用している。NXPは車載および道路沿いユニットに関して、DelphiおよびSavariと提携している。

*IAVは、高度自動運転技術を開発した。自動運転は都市部の渋滞を改善し、それに伴う大気汚染を軽減するうえで大きな助けとなる。高度自動運転車両はインフラストラクチャー、歩行者、Microsoft Azure Cloudを結び付け、車両が自動的かつ安全に周囲のものに反応することを可能にする。

*Esriのマッピングおよび空間分析技術はMicrosoft Cortanaと通信して地理コンテクストを提供し、道路上での安全を向上させるとともにドライバー体験全体も向上させる。Azure CloudにおけるEsriのエンタープライズGISプラットフォーム・サービスは地理上のコンテンツと分析を提供し、ドライバーの挙動の理解を深め、道路状況を予測して交通の流れを向上させるとともに、エコシステムの中でコネクテッドカーのセンサーデータを共有することを可能にする。これらの機能によって、スマートシティーは危険な道路の穴の補修や道路からの危険物撤去など、新しく生じる問題により迅速に対処することができる。

*スイス・リーのスマート保険モデルは、Microsoft Azureテクノロジーを使用してパーソナル化した柔軟な保険をシミュレートし、将来のコネクテッド・モビリティー・ソリューションを提供する。

*Cubic Telecomによる完全4G LTEコネクティビティーは、Wi-Fiホットスポットサービス、パーソナルアプリなどを含む競争力がある一括サービスプランへのアクセスすることによって、高品質な常時接続のインフォテインメントを駆動する。

▽賛辞
マイクロソフトのケビン・ダラス事業開発担当コーポレート・バイスプレジデントは「自動車がますますスマートになるにつれ、自動車はソフトウエアおよび分析能力をさらに必要とする。CES 2017における今回のコラボレーションは、われわれが協力してテストを継続し何が障害となっているかを見つけ出し、自動車メーカーが真にパーソナル化された体験をドライバーに提供するとともに、時間をかけて独特な行動を理解し改善を施すサービスをもたらすことを支援する」と語った。

NXP Semiconductorsのオートモーティブ担当最高技術責任者(CTO)で上級副社長のラルス・レガー氏は「自立運転自動車は、完全に安全で、かつセキュアでなければならない。これには、第1に高性能センサー、第2にクラウド・コネクティビティーを備えた強力な検知およびセンサーフュージョン・システム、第3に業界リーダーとの効果的な系統立った協力が必要である。われわれはCESでの共同展示でこれらすべてがそろったことをうれしく思う」と語った。

IAVのカルステン・シュルツ上級副社長(積極的安全・ドライバー支援担当)は「IAVは、欧州および米国の次世代テクノロジーの現状を実証するテスト車両数台を保有している。これらの車両はすでに、ドライバーの介入をほとんど受けずに極めて長い距離を走行した」と語った。

コネクテッドカーのライブデモンストレーション見学に関心のあるCES訪問者は、1月5日から8日までGold Lot/North Plaza NP-2で開催されるドライブイベントに参加できる。参加企業すべての幹部が現場でテクノロジーの詳細を説明する。

▽メディア向けデモンストレーション
メディアのメンバーはメディアデーの1月4日か、それ以降1月8日までのいつでも、このデモンストレーション見学を予約できる。電子メールregina.andersson@nxp.com で要請を。

▽マイクロソフト(Microsoft Corp.)について
マイクロソフト(Nasdaq "MSFT" @microsoft)はモバイルファースト、クラウドファーストの世界向けのプラットフォームおよびプロダクティビティーをリードする企業で、そのミッションは世界のすべての人、すべての組織によるさらに多くの実現を支援することである。

すべてのパートナー・ウェブページへのリンク
Microsoft (Nasdaq "MSFT" @Microsoft): www.microsoft.com
NXP Semiconductors (NASDAQ "NXPI" @NXP): www.nxp.com/automotive
IAV Automotive Engineering: リンク
Esri: (@Esri): リンク
Swiss Re: リンク
Cubic Telecom: (@cubictelecom): リンク

ソース:Microsoft Corp.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。