logo

「XCMGアプレンティス」、若い才能を世界の先端技術と結びつける

XCMG 2017年01月04日 14時30分
From 共同通信PRワイヤー

「XCMGアプレンティス」、若い才能を世界の先端技術と結びつける

AsiaNet 67000(0002)

【上海2016年12月28日PR Newswire=共同通信JBN】XCMGは同社の中国・徐州本社が12月16日から20日まで主催の「XCMGアプレンティス」(XCMG実習生)シーズンプログラムに世界から5人の実習生を迎え入れ、XCMGとその革新的技術を学び、建設用重機械と文化について国際的な交流を促進する機会を各国実習生に提供した。このイベントはFacebookで生中継され、全世界の後半な視聴者に伝えられた。

この1週間にわたる臨場感あふれるプログラムは2016年1月に初めて開催され、大成功を収めた。今回、最初の全世界リクルートの段階でXCMGに54の国と地域から合計1万640人の応募があり、前回の人数の3倍となった。選考を勝ち抜いた5人の幸運な実習生はナイジェリアのラヤンナ・K.V.、ナミビアのシャビール・タイラード・T、トルコのマフムト・デミルカン、パキスタンのファイザン・ナイーム、ウズベキスタンのリューボフ・コロビナの各氏である。

実習生はR&D、管理職、サービス部署を含む異なる部門からのメンタ―に引率され、建設機械産業で世界最大の統合工場ビル、アジア最大の振動・騒音制御実験室、最大で最も自動化された溶接基地局、そして世界第1級のリニア・スーパートンネージ・クレーン組み立てライン、モバイルのクモ掘削機ET110を含むXCMGが世界をリードするハイエンド製品について学んだ。

実習生の中で、ナイーム氏はXCMGの先端インテリジェント製造技術に大きな関心を持ち、タイラード・T氏は多くのXCMG製品の部品やモデルについて非常に感銘を受けた。

「XCMGアプレンティス」シーズンではこのほか、世界最初のハイドロニューマチック・サスペンションの5軸式ダンパーの運転、G1クレーンの遠隔操作や部品を製造する体験、インテリジェント・デジタル実験室での溶接練習シミュレーションなどの実地任務を行った。

XCMGのワン・ミン会長は「XCMGアプレンティス・プログラムは世界をより良くするという、われわれの価値を表している。若い実習生には自国の建設機械産業において偉大な可能性があり、当社の紹介だけでなく中国の製造文化とXCMGの精神を伝えることを誇りに思う」と述べた。

▽XCMGについて
XCMGは73年の歴史を持つ多国籍の重機械メーカーである。同社は現在、世界の建設機械業界で9位にランクされている。同社は世界中の176を超える国・地域に輸出している。

詳しい情報はwww.xcmg.comを参照、またはFacebook、Twitter、YouTube、LinkedIn、InstagramでXCMGのページのフォローを。

Photo - リンク

ソース:XCMG

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。