logo

DKG GroupがEGSと欧州ダークプール取引プラットフォームの正式開始で調印

Eurex Global Securities (EGS) 2017年01月04日 12時55分
From 共同通信PRワイヤー

DKG GroupがEGSと欧州ダークプール取引プラットフォームの正式開始で調印

AsiaNet 66993(1673)

【クアラルンプール(マレーシア)2017年1月4日PR Newswire=共同通信JBN】欧州を本拠とする金融サービス大手Eurex Global Securities(EGS)は同社の最新プラットフォーム上での取引に関し、DKG Groupと独占契約に調印した。EGSは特に受賞歴のあるダークプール取引プラットフォームで、金融サービス業界において優れた評価を受けている。

同社、すなわち同社の欧州ベースのダークプール取引プラットフォームは最近、取引プラットフォームを大幅に高度化し効率化したバージョンEuropean Global Trading Platform(EGTP)を発表した。

ダークプール取引は、主に未公開株式取引の性質に加え、同取引が一般投資家の注意を引くことなく大手機関投資家が多数の株式を買い入れること可能にすることから、2000年代初めに登場した。EGSは最近、DKGとの画期的な合意を発表し、証券取引ポートフォリオの世界拡大の一環として今年末に証券取引業務を開始する。

EGSの取引プラットフォームを拡大するため、EGSとDKG Groupは近く、すべての証券取引業務を新規のEDPないしはEurex Dark Pool Trading Platformに移管する。これはEGSとDKGの両社にとって重要なマイルストーンである。DKGは同社の中核戦略としてより大きな利益を利害関係者と国際投資家に保証する。

DKGは英国ベースの成長企業向け証券取引所である同社の英国戦略パートナー(ISDX)に対し、ダークプール取引プラットフォームに関してEGSと協定を締結し、DKGの証券取引業務を1つの取引プラットフォームから他のプラットフォームに移管することが正式承認されたことを通知した。

新規のEGS Dark Pool Platformでの取引を軌道に乗せるため、DKGは新規プラットフォームへの戦略移管としてISDXからの一時的な上場廃止を申請し、承認された。これはDKGにとって素晴らしい転換である。さらに重要なことに、これは利害関係者および国際的な投資家の利益に関連する。

今回の独占的かつ画期的な協定によって、DKG利害関係者はEurex Dark Pool Trading Platform上で未公開株式の取引に積極的かつ効率的にかかわり、より流動性の高い環境および取引が保証されることになる。同時に、新規のEGSプラットフォームは、取引高だけでなく全体の流動性を増やす新規プラットフォーム上で最高かつ最も安全な取引の調達に着手することを熱望する多数の非上場企業の参加を促した。

ソース:Eurex Global Securities (EGS)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。