logo

読みたい本第1位!令丈ヒロ子氏最新刊『ハリネズミ乙女、はじめての恋』発売を記念し、トップブロガーのハリネズミ"あずきくん"とコラボしたPVが完成!

累計300万部突破「若おかみは小学生!」シリーズの著者が手掛けた、初のオトナ女子向け成長物語

株式会社KADOKAWAより12月23日(金)に発売し、日本最大級の書評サイト「読書メーター」で「読みたい本」第1位(※1)を獲得した、令丈ヒロ子氏の小説『ハリネズミ乙女、はじめての恋』。本作の発売を記念し、トップブロガー(※2)として話題沸騰中のハリネズミ"あずきくん"とコラボしたPVが完成しました!
※1:読書メーター「読みたい本 週間ランキング 単行本部門 第1位」(2016年12月8日(木)~15日(木))




ハリネズミとの出会いが、精神的に引きこもりがちだった主人公・嶋本好花(シマモト・コノカ)の運命を大きく変える本作。このたび、作品の温かな雰囲気が伝わるよう、ブログ「ハリネズミのあずき」(リンク)やInstagram(@hedgehog_azuki)で大人気のハリネズミ"あずきくん”とコラボ!PVには”あずきくん”が出演し、作品を紹介。まるで作中のハリネズミ”ハリくん”が現実世界に飛び出てきたような、ほのぼのとした映像に仕上がっています。
がんばりすぎてトゲトゲになったあなたの心を、この年末年始に、本作でゆったりと癒やしてみませんか?


[動画: リンク ]



[表: リンク ]

※2:Ameba公式トップブロガーについて:リンク

[画像1: リンク ]

■『ハリネズミ乙女、はじめての恋』について
【内容】
精神的な引きこもり傾向のある19歳のコノカ。白いハリネズミとの出会いが、彼女の運命を変えたはずが……。
嶋本好花(しまもとコノカ)19才。コノカが大阪にうまく適応できなかった原因は、おばあちゃんの代から続く芸人一家だということ。その上五つ上の兄が人気漫才師になったことでさらに面倒に。すっかり誰も寄せ付けない精神的引きこもり高校生になったコノカの夢は、東京に出て匿名生活をおくることだった。けれどドジで世間知らずのコノカは、居酒屋のバイトをクビになり、通りかかったペットショップで一匹の白いハリネズミに運命の出会をする。そのハリネズミは大阪弁をしゃべるのだ! ところがハリくんとの会話をお客に目撃されTwitterに動画をあげられ、「ハリ乙女」というあだ名で一躍、時の人に。しかし夢は長くは続かず、ハリくんに異変が……。
累計300万部突破の大人気シリーズ『若おかみは小学生!』の著者が手掛けた、初のオトナ女子向け成長物語!

【書誌情報】絶賛発売中!
作品名:『ハリネズミ乙女、はじめての恋』
著者名:令丈ヒロ子
定価:本体1,400円+税
装画:中田いくみ / 体裁:四六判並製 / 頁数:272頁
発行:株式会社KADOKAWA
詳細:リンク
☆電子書籍も発売中!

[画像2: リンク ]

■著者紹介 令丈ヒロ子(れいじょう・ひろこ)
大阪府出身、児童文学作家。1990年『ぼよよんのみ』でデビュー。主な作品に累計300万部の大ヒット作となった「若おかみは小学生!」シリーズ全20巻、『メニメニハート』(以上、講談社青い鳥文庫)、『パンプキン! 模擬原爆の夏』(講談社)、『なぎさくん、女子になる』(ポプラポケット文庫)など、著書多数。母校の後身校である京都嵯峨芸術大学客員教授、成安造形大学客員教授。
著者Twitterアカウント:@kuriokami(リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事