logo

“ダチョウ倶楽部“が4人目のメンバーを緊急募集!あなたもオーディションに参加し、リアクション芸に挑戦しよう

株式会社360Channel 2016年12月28日 15時00分
From PR TIMES

~自身が新人となりゴムパッチン・熱々おでん・熱湯風呂を体験~

株式会社360Channelは、360度動画専用配信サービス「360Channel(サンロクマルチャンネル)(リンク)」にて、ダチョウ倶楽部の伝統芸を体験できる新チャンネル「求む!4人目のダチョウ倶楽部」を12月28日(水)より配信開始いたします。



[画像1: リンク ]

結成30周年を迎え、群球割拠の芸能界で確固たる地位を確立するダチョウ倶楽部が、今や伝統芸となりつつある“リアクション芸”を継承するために新人を募るという内容です。視聴者自身が4人目のメンバーとなるべく、ダチョウ倶楽部から実際にリアクション芸を教わっていきます。
緊急記者会見:リンク
一次審査 クルリンパ:リンク

視聴者自身がゴムを口にくわえているかのような雰囲気を味わえる“ゴムパッチン芸”を体験できます。肥後 克広(以下、肥後)さんが目一杯に引っ張ったゴムを、上下左右に大きく揺らされドキドキ感を味わいながらも、新メンバーとしてふさわしいリアクションを求められます。上島 竜兵(以下、上島)さんを超えるリアクションに是非とも挑戦してみてください。
二次審査 ゴムパッチン:リンク

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]


視聴者自身が上島さんに熱々おでんを食べさせるかのような“おでん芸”を体験できます。鍋の蓋を開けると、そこにはぐつぐつ煮立ち湯気を立ちのぼらせるおでんがあります。好きなおでんを選び、寺門 ジモン(以下、寺門)さんに羽交い絞めされた上島さんの口に入れるという“ドキドキ感”満載のイタズラに挑戦していただきます。しかし、上島さんを怒らせるのは要注意です。ダチョウ倶楽部お決まりの“キス芸”を要求されてしまうかもしれません。
【三次審査 熱々おでん】:リンク

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]


視聴者自身が“熱湯風呂芸”に挑戦しているかのような雰囲気を体験できます。浴槽の端に手がかかり、真下を見るとそこには熱湯風呂が。ダチョウ倶楽部が大事にする伝統芸ということもあり、各メンバーから熱のこもった厳しい指導がはいります。なかなかうまくできない視聴者に対し、上島さんが見かねてお手本を披露します。熱湯風呂芸をする際の姿勢や注意事項を説明するはずが、大きなしぶきをあげて熱湯風呂につき落とされてしまう上島さん。先輩の体を張ったリアクション芸は必見です。
【ちょっと休憩 奇跡の再会】:リンク
【最終審査 熱湯風呂】:リンク

[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]


【新チャンネルおよび動画概要】
<バラエティ>
■チャンネル:『求む!4人目のダチョウ倶楽部』
■内容: ダチョウ倶楽部の4人目のメンバーとなるべく、視聴者自身が新人という設定でリアクション芸を教わっていきます。結成30周年を迎え、バラエティで大活躍し群雄割拠の芸能界で確固たる地位を確立するダチョウ倶楽部。今や伝統芸となりつつある”リアクション芸”の数々を紹介します。
■出演者:ダチョウ倶楽部(肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵)、デンジャラス 安田和博、火災報知器(小林知之、高松信太郎)、マシンガンズ(滝沢秀一、西堀亮)、新宿カウボーイ(石沢勤、かねきよ勝則)、ピンポン(ねろめ、植田真悟)、ノーガァード(まこと、田村隆典)
■動画:
1. 求む!4人目のダチョウ倶楽部 緊急記者会見
2. 求む!4人目のダチョウ倶楽部 一次審査 クルリンパ
3. 求む!4人目のダチョウ倶楽部 二次審査 ゴムパッチン
4. 求む!4人目のダチョウ倶楽部 三次審査 熱々おでん
5. 求む!4人目のダチョウ倶楽部 ちょっと休憩 奇跡の再会
6. 求む!4人目のダチョウ倶楽部 最終審査 熱湯風呂
■チャンネルURL:リンク
[画像8: リンク ]



【360Channel サービス概要】
『360Channel』で配信する動画は360度全方位へ自由に視点を動かすことが可能で、あたかも動画内に自分がいるかのような臨場感あふれる視聴体験を楽しめる点が最大の特長です。Oculus Rift、Gear VR といったVR専用HMDを装着することで、もっとも没入感の高い視聴体験を味わうことができます。専用サイトにアクセスすることでPCやスマートフォンからも利用可能です。

■提供サービス:360度動画の視聴(ストリーミング再生)
※動画はアーカイブ形式のため、一定期間経過後に動画は削除されます。
■URL:リンク
■対応デバイス:VR専用HMD(※1)、PC、スマートフォン、タブレット端末(※1)
※デバイスによっては一部視聴できないコンテンツがあります。
■カテゴリ数 :7カテゴリ(ドキュメンタリー、体験、音楽、バラエティ、映画、アニマル、トラベル) (※2)
■チャンネル数 :26チャンネル(※2)
■料金:無料(※3)
■その他 :サービスのアカウント登録をすると、各チャンネル、動画ともにお気に入りボタン1つでストック可能。自分だけのページで、手軽に好きな動画を閲覧できます。
■スマートフォンアプリ:
【App Store URL】リンク
【Google Play™ URL】リンク
■公式Facebook:リンク
■公式Twitter:リンク

※1 VR専用HMDはOculus Rift、Gear VRに対応。その他のVR専用HMDにも随時対応していきます。
※2 チャンネル数は2016年12月28日現在での数となります。随時アップデート予定です。
※3 本サービスは無料ですが、対応デバイス使用時にはそれぞれ別途通信料がかかります。


【株式会社360Channel 会社概要】
社名  :株式会社360Channel リンク
所在地 :東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー11F
設立  :2015年11月2日
資本金 :7億円(資本準備金含む)
代表者 :代表取締役社長 馬場功淳
事業内容:360度動画関連事業


【本リリースに関するお問い合わせ】
株式会社360Channel  広報担当  pr_ml@360ch.tv

(C) 2016 360Channel, Inc.
※360チャンネル\サンロクマルチャンネルおよび360Channelのロゴ(「36」)は株式会社コロプラの商標です。
※Android 、Google Play は、Google Inc. の商標です。
※iPhone、iPod touch、iPad、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
※その他すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。