logo

香川真司選手が“熟睡寝具マニフレックス”のフラグスポート本社を訪問

株式会社フラグスポート  2016年12月28日 12時06分
From Digital PR Platform


ドイツ・ブンデスリーガ ボルシアドルトムント所属の香川真司選手(27)が、12月20日、チームのオフ期間に合わせてドイツから一時帰国し、空港からその足で直接、イタリア生まれの熟睡寝具「マニフレックス」(株式会社フラグスポート 代表取締役社長:山根崇裕、東京都港区)を表敬訪問されました。

出迎えた山根社長に年内最後の試合で着用したユニフォームを手渡した後、一時帰国のご挨拶と、2016年を振り返っての報告、そして2017年の抱負を語ってくださいました。
また、リニューアルしたばかりのショールームにも立ち寄り、新製品『くつろぎアクセサリー』シリーズを早速、気に入っていただきました。


【香川真司選手コメント】
今シーズンのドルトムントは、新加入や若手の台頭もあって、選手層はとても厚くなりました。前半戦は自分もその中でなかなか思うように試合に出られない事もありましたが、自分には自分の良さや武器があるので、そこをこれまで以上にしっかりアピールして、シーズン後半戦はチームの中心選手としてしっかり結果にこだわってやっていきたいと思っています。
前半最終戦もまさかスタメンだとは思っていなかったので、出られるように準備はしていましたが、びっくりしましたね。アシストはありましたが、まだまだだったと思います。今回もオフとは言っても、足首の怪我の状態もあるので、しっかりトレーニングをして後半戦に備えたいです。日本に帰ってくるとやっぱりほっとしますね。ほとんどリハビリ&トレーニングの毎日ですが、せめて美味しい和食が食べられたら良いですね(笑)
青木宣親選手(ヒューストン・アストロズ)のWBC出場と、山田哲人選手(東京ヤクルトスワローズ)の契約更改のニュースを見ました。同じアドバイザーを務めている選手の活躍はやっぱり刺激になりますね。マエケンも凄かったですし。山田選手の年棒3.5億円ですもんね。今Jリーガーではなかなかそういった金額には到達出来ないですから、子供たちに憧れを持ってもらう為にも、今後そういった選手や金額が、日本でも実現すると良いと思います。『くつろぎアクセサリー』シリーズは、本当に良いですね。僕は自分で車を運転するのが好きなので、すぐに使わせてもらいます!

マニフレックスは2012年夏、香川選手がドイツからイングランドプレミアリーグへの移籍を機に、香川選手の眠りの用品全般をサポートさせていただいています。ドイツ、神戸のご自宅、日本帰国時の宿泊先等、飛行機の移動中に至るまで、香川選手が眠るところにはマニフレックスが常にあります。マニフレックスはこれからも香川選手を眠りでサポートし、2018年のワールドカップ・ロシア大会を目指す香川選手を全面的にサポートしていきます。

<新製品について>
製品名:くつろぎアクセサリーシリーズ「ランバークッション」
人間工学に基づいて設計された独特の形状が、腰をやさしく包み込むようにサポート。別売りの「エルゴシート」と2つ組み合わせて使えば、より正しく美しい座姿勢が実現します。

製品名:くつろぎアクセサリーシリーズ「エルゴシート」
人間工学に基づいて設計された独特の形状が、臀部・脚への負担を軽減します。別売りの「ランバークッション」と2つ組み合わせて使えば、より正しく美しい座姿勢を実現します。

製品名:くつろぎアクセサリーシリーズ「サポートレッグ」
持ち運びにも便利な多用途ロールクッションです。足首や膝裏などを最適にサポートしてくれます。

製品名:くつろぎアクセサリーシリーズ「トラベルピロー」
旅先でも快適に。移動用・旅行用に開発されたトラベルピロー。首から肩にかけての筋肉をサポートして、リラックスさせてくれます。

<香川真司選手ご使用のマットレスとまくらについて>
製品名:フラッグFX (シングル95,040円/税込〜)
しっかりと体を支えながら体圧を分散させ理想の寝姿勢を実現する独自開発の高反発フォーム「エリオセル」+「エリオセルMF(マインドフォーム)」を芯材に使用した、圧巻の22cm厚。側地には吸放湿性や防臭性にも優れ、環境にも優しい木製ファイバーを使用するなど、人体のみならず地球環境も配慮したマットレスの最高峰モデル。12年保証。
製品名:ピローグランデ (18,442円/税込)
オープンセル構造の「エリオセルMF」を芯材に容積の約20%のエアホールを設けたことで、反発性、収縮性、そしてより柔軟な形状回復性に優れた、まくら。子どもから大人まで大人気。70×45cのラグジュアリーサイズ。3年保証。

製品名:ピローサンパウロ  (13,500円/税込)
ピローグランデの寝心地をそのままに、コンパクトなサイズに仕上げた携帯にも便利な枕。
芯材は「エリオセルMF」。ロール状にコンパクトにでき、香川選手も移動中の機内で愛用している。3年保証。

<マニフレックスについて>
イタリア・フィレンツェ近郊で1962年に設立、現在世界90ヶ国に展開する、世界最大級の熟睡寝具ブランド。国立フィレンツェ大学とエルゴノミクス(人間工学)に関する共同研究を進め、製品に反映。 敷き寝具全般、枕や関連商品など熟睡と健康に係るアイテムをトータルにプロデュースしている。
マニフレックス略歴
1962年 イタリア・フィレンツェ近郊でジュリアーノ・マニ氏によりマニフレックス社設立
1986年 「真空ロールアップ製法」発明
1993年 日本市場進出
2012年 マニフレックス社 創立50周年
2012年 12月 (株)フラグスポート大阪支店開設
2013年 11月 日本発売20周年
2015年 9月 (株)フラグスポート大阪支店開設

<マニフレックス独自開発の高反発フォーム「エリオセル(R)」の特徴>
1優れた体圧分散性・・・人の体は首と腰の部分に二つのS字カーブがある。眠る際の理想的な姿勢はこの二つのS字カーブが立っているときの姿勢と同じように保たれること。マニフレックスは高反発フォーム「エリオセル」の効果で理想的な寝姿勢を保つことができ、体圧を分散してくれる。 
2通気性/温度変化に強い・・・エリオセルはオープンセル構造で非常に通気性に優れる。湿気や汗がこもってムレることもなく、温度変化にも強いので、冬に硬くなったりせず、年間を通して高い品質を維持。電気毛布や湯たんぽの併用も可能。
3耐久性 ・・・・耐久性にも非常に優れ、マットレスにはまれな10年~15年の長期保証を実現している。
4オコテックス ・・・マニフレックス製品は人体・地球環境に有害なものを含まないエコロジー製品として、オコテックススタンダード100(エコロジーを証明する国際規格)の認証を取得。
5真空ロールアップ製法・・・イタリアで特殊な機械を用いて体積を8分の1に圧縮。開封時に日本の空気を吸って膨らむ。この製法により、輸送において排出ガス(CO2)を抑制、コストも大幅に削減し価格に反映されている。また、工場からお客様のご自宅までほこりや雑菌などの混入を防ぎ、コンパクトな形状のため、間口の狭い住宅やスペースの限られた搬入経路の運び込みも容易。エリオセルの高反発性・通気性・耐久性の良さからこの特殊な輸送形態が実現した。

<株式会社フラグスポートについて>
株式会社フラグスポートは、代表取締役社長の山根崇裕が1993年、日本へのマニフレックス製品の輸入・販売を開始。日本・アジア総代理店を務める。2013年11月1日 日本発売20周年を迎えた。著名アスリートに愛用者が多く、健康産業の一つとして各界から注目されている。本社:東京都港区 代表取締役社長:山根崇裕 
公式サイト: リンク フェイスブッック:リンク ツイッター:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事