logo

ついに20社と連携!マネーツリーの金融 インフラサービス「MT LINK」

金融分野以外でも、2016年はフィンテック業界で大躍進

マネーツリー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:ポール チャップマン、以下、「マネーツ リー」)の金融インフラサービス「MT LINK」は、新たに2社の公式パートナーと成約、合計20社との連携が決定したことをご報告いたします。



[画像1: リンク ]

わす゛か2年て゛合計20社か゛MT LINKとの連携を決定
2015年1月より金融インフラサーヒ゛ス「MT LINK」を公開し、わす゛か2年て゛メカ゛ハ゛ンク2社、個人又は中小企業の大手会計ソフト提供サーヒ゛スをはし゛めとする企業との業務提携を実現し、公式ハ゜ートナーか゛合計20 社となりました。
今回新たにMT LINKとの連携か゛決定したのは、ソリマチ株式会社 およひ゛ 株式会社クラヒ゛スの2社て゛す。これらのサーヒ゛スに関する詳細情報は後日こ゛案内いたします。

主要な会計ソフトウェア会社10社か゛MT LINKを活用
MT LINKは、銀行口座、クレシ゛ット、電子マネー、証券口座、ホ゜イントの情報を一つにまとめたファイナンステ゛ータのクラウト゛サーヒ゛スて゛す。この仕組みを利用して、従来のサーヒ゛スをメインにしていた会計ソフトウェア会社は、クラウト゛化サーヒ゛スへの移行のために、MT LINKとの連携を積極的に進めました。
取引明細の自動取り込み、自動消し込みといった機能は、クラウト゛会計のスタンタ゛ート゛として新規顧客を取り込む大きな要因となり、会計ソフトウェア会社た゛けて゛10社と連携しました。

メカ゛ハ゛ンクか゛採用をしたMT LINK
MT LINKは昨年の10月にIBMのPaaSて゛あるBluemixの公式ファイナンスAPIとして選出されました。金融機関と関係の深いIBMに選は゛れたことて゛、MT LINKの可能性について問い合わせを受けるようになり、今年の2月にメカ゛ハ゛ンクのみす゛ほ銀行に採用されました。「一生通帳 by Moneytree」という形式て゛、勘定系システムて゛実現か゛困難た゛った明細の永年保存を実現しました。
この方式は、11月にNTTテ゛ータの協力のもと、近畿地方の大手地銀て゛ある池田泉州銀行にも同様の方法て゛採用され、自社サーヒ゛スに追加する形て゛取り入られています。また、メカ゛ハ゛ンクの三井住友銀行は自社のテ゛ヒ゛ットカート゛の明細取得のために、自社アフ゜リの中て゛MT LINKを公式に採用しました。

さまさ゛まな業界て゛MT LINKの事例か゛増加
2016年は、金融、会計業界に限らす゛、他業界て゛もMT LINKを活用した取り組み事例か゛増えました。特に不動産賃貸管理サーヒ゛ス、自動車販売管理ソフトとの連携は、MT LINKの仕組みをうまく利用した好例て゛す。いつと゛こて゛、お金か゛と゛う動いているかという資産情報の顕在化は、各社の業務効率の向上に貢献しました。

■MT LINK 公式ハ゜ートナー 20社は下記の通りて゛す。※順不同、略称て゛表記
[画像2: リンク ]


2017年は海外へ進出
2016年は1年間て゛合計14社か゛MT LINKとの連携を決定しました。MT LINKの大躍進のおかけ゛て゛、マネーツ リーにとって2016年はとても良い年になりました。来年は、国内て゛培ったノウハウを元に海外へ進出する予定て゛す。これからも日本市場をヘ゛ースに今まて゛支援していたた゛いた方々と共に、2017年か゛可能性豊かな年になるように祈っております。


マネーツリーについて
2012年に、人々とお金のあり方を劇的に変えることをミッションに日本て゛起業。2013年より、 銀行、カート゛、電子マネー、ホ゜イント、証券を自動て゛一括管理するPFMサーヒ゛ス「Moneytree」 をサーヒ゛ス提供し、AppleのBest of 2013、Best of 2014を2年連続て゛受賞。 2015年より、金融インフラサーヒ゛ス「MT LINK」を提供し、三大メカ゛ハ゛ンク系ファント゛から一斉に投資を受け、米MasterCardの公式ハ゜ートナーとして選出される。日本国内に限らす゛、大きくヒ゛シ゛ネスを変える、もっとも信頼されるユニハ゛ーサルなフ゜ラットフォームを目指す。

会社概要
会社名:マネーツリー株式会社
代表取締役:ホ゜ール チャッフ゜マン
資本金: 2億円
設立日: 2012年4月23日

サーヒ゛ス
「Moneytree」個人資産管理アフ゜リ
「Moneytree 経費精算」モハ゛イル経費精算サーヒ゛ス
「Moneytree 法人口座」法人口座テ゛ータアク゛リケ゛ーション
「MT LINK」企業向け金融インフラサーヒ゛ス


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事