logo

RedFaction in 関東甲信越を開催

日本赤十字社関東甲信越ブロック血液センター 2016年12月26日 13時00分
From 共同通信PRワイヤー

12月26日(月)

日本赤十字社関東甲信越ブロック血液センター

アプリゲーム「Ingress(イングレス)」プレーヤー有志が献血
RedFaction in 関東甲信越を開催
プレーヤーらがSNS等のコミュニティを駆使し献血を広める

 日本赤十字社関東甲信越ブロック血液センターは、平成29年1月4日(水)から1月22日(日)の期間、アプリゲーム「Ingress」プレーヤー有志が献血に協力するイベント「RedFaction in 関東甲信越」を開催します。
 つきましては、彼ら「Ingress」プレーヤーの取組み及び献血の必要性について、取材いただき広く国民の皆さまへご紹介くださいますよう、お願い申し上げます。取材いただける場合は、別紙「取材申込書」に必要事項を記入のうえFAXまたはメールにて送付願います。

1 目的
 位置情報ゲーム「Ingress(イングレス)」のエージェント(ゲームプレーヤー)の有志が参加する献血協力イベント「RedFaction」とコラボレーションをすることにより、若年層献血者確保及び年始の献血者確保に繋げる。

2 イベント開催期間
 平成29年1月4日(水)~平成29年1月22日(日)

3 イベント開催会場
 関東甲信越全献血ルーム及び献血バス

4 対象者
 「Ingress」プレーヤー及びその同伴者

5 特典
 献血及び寄付にご協力いただいた方へ「Ingress」プレーヤーデザイン「オリジナルBIOカード」をプレゼントします。また、献血ルームに各都県限定のBIOカード型パネルを設置し、お越しいただいた方に記念撮影をしていただけます。

6 RedFactionとは
 「Red Faction」は、世界中に多くのプレーヤーをもつアプリゲーム「Ingress」のプレーヤー自らが呼び掛け合い、集団献血を行うことで、平成26年6月14日の世界献血者デーにあわせて世界中で行われたのがはじまりです。その後は地域毎に行われることもあり、関東甲信越でも平成27年6月から多くの方に献血のご協力をいただいております。

7 「Ingressとは」
 「Niantic, Inc.」が開発元となっているARを活用したスマートフォン向けの位置情報ゲームです。
プレーヤーは「レジスタンス(青色)」と「エンライテンド(緑色)」の2つの陣営(Faction)にわかれ、 現実世界のポータルと呼ばれる地点を取り合い繋いでいくことで陣取り合戦を繰り広げます。世界中にプレーヤーがおり、SNSコミュニティを通じたゲーム外での活動も活発であることが特徴で、献血以外の様々な社会貢献活動も行っています。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。