logo

日経電子版が2月末まで無料!「知は、力なり」日経電子版が三国志とコラボした初割キャンペーンを展開

株式会社 日本経済新聞社 2016年12月26日 10時00分
From PR TIMES

 日本経済新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡田直敏)は2017年1月25日(水)までの申し込みで、日経電子版が2月末まで無料になる「初割」キャンペーンを実施します。横山光輝氏原作の漫画「三国志」とコラボした特設ページを開設し、三国志に馴染みのない人でも楽しめるキャンペーンを展開します。



[画像1: リンク ]

 1月25日までの「初割」期間中に申し込むと、電子版の料金が2月末まで無料になります。通常は申し込み月のみ無料ですが、日経電子版なら2月分の料金4200円、新聞と電子版がセットの日経Wプランなら電子版部分の料金1000円が割引になります。さらに、日経産業新聞ビューアー、日経MJビューアー、日経ビジネスDigitalなど有料会員向けの各種オプションサービスも新規申し込みで2月末まで無料になります。

■初割の申し込み・詳細はこちら
リンク

[画像2: リンク ]

 日経電子版はすべてのビジネスパーソンに質の高い情報を届けたい。こんな思いから「知の力」というキャンペーンのテーマに辿り着きました。漫画「三国志」の世界で、「知」を武器にして競い合った武将たちと同じように、現代のビジネスパーソンに求められるのは確かな「情報」に基づく「知」です。
 
 日経電子版は2017年も、ビジネスパーソンを支える「知」の源泉となるべく、情報の質、サービスの機能性を高めていきます。大切なのは「知の力」。2017年は仕事や投資に役立つ日経電子版と共にスタートダッシュしてみませんか?

■初割の申し込み・詳細はこちら
リンク
■三国志特設ページはこちら
リンク
■日経電子版
リンク

【日本経済新聞社について】
 日本経済新聞社は1876年以来、140年にわたってビジネスパーソンに価値ある情報を伝えてきました。主力媒体である『日本経済新聞』の発行部数は現在約273万部で、約1300人の記者が日々、ニュースを取材・執筆しています。2010年3月に創刊した『日本経済新聞 電子版』の有料会員数は現在49万人超、有料・無料登録を合わせて約330万人になっています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。