logo

+Style、ARMのIoTプラットフォームを搭載した、壁を走るデジタルサイネージ型のロボット「うおーるぼっとLED」を販売開始

ソフトバンク株式会社は、アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」(リンク)の「ショッピング」で、ARMのIoTプラットフォーム「mbed(エンベッド)」を搭載した、壁を走るデジタルサイネージ型のロボット「うおーるぼっとLED」(販売元:ランニングエレクトロニクス)を2016年12月22日から販売します。



■うおーるぼっとLED(リンク
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]


「うおーるぼっとLED」は、ARMのIoTプラットフォーム「mbed」を搭載した、壁を走るデジタルサイネージ型のロボットです。裏面に磁石が組み込まれており、ホワイトボードや冷蔵庫の扉などを自在に走行します。スマートフォンからの遠隔操作による走行と、自動走行の2種類のモードから選択して動かすことができます。また、「mbed」の搭載により、ウェブブラウザー上でプログラミングが可能で、自動走行の仕方や背面のLEDパネルの表示を自由に変更できます。価格は2万7,000円(税込み)です。

本製品は「+Style」の「ショッピング」に掲載します。「ショッピング」では、一般販売前の商品などを、先行や数量限定で販売するといった活用ができるとともに、商品に対する購入者からの意見を集めることができます。


●+Styleはソフトバンク株式会社の商標です。
●SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
●その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
●このプレスリリースに記載されている内容、製品、仕様、問い合わせ先およびその他の情報は、発表日時点のものです。これらの情報は予告なしに変更される場合があります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。