logo

App Store Best of 2016受賞のブラウザ『Smooz』がiPad対応版をリリース!

アスツール株式会社 2016年12月22日 10時00分
From PR TIMES

タブの管理機能、3Dタッチ起動など新機能も登場

アスツール株式会社(東京都練馬区、代表取締役:加藤雄一)は次世代ウェブブラウザ『Smooz(スムーズ)』の新バージョンの配信を、2016年12月22日より開始したことをお知らせします。本バージョンでは新たにiPadに対応し、タブ管理、3Dタッチ起動などの新機能も搭載しました。



SmoozはこれまでiPhone向けのみが提供されてきましたが、その快適なブラウジング体験をiPadでも楽しみたいという要望が、多くのユーザー様より寄せられていました。今回のアップデートで、Smoozはユニバーサルアプリ(※)に対応し、iPadの大画面でもご利用頂けるようになりました。
※ひとつのアプリで、iPhoneとiPadの両方に対応するアプリのこと

[画像1: リンク ]


Smoozは「賢いブラウザでウェブがもっと楽しくなる」をコンセプトに、アスツールが開発した次世代ブラウザで、2016年9月26日の開始からわずか3ヶ月足らずでApp Store Best of 2016を受賞するなど、今最も注目されているモバイルブラウザです。

「考え抜かれたタブ操作」、人工知能を活用した「検索単語予測」、「スマートブックマーク」が特徴で、ユーザーの次の行動を先回りしたおもてなしをすることで、より効率的に目的の情報を発見し、新しい興味・関心を連鎖させるための手助けをします。

■その他の新機能

1. タブの管理画面

それぞれのタブの右側についたハンドルをドラッグするとタブの並び替えができ、左側についたXボタンをタップするとタブを消すことができるなど、タブの操作性が飛躍的に向上しました。

2. 3Dタッチによるクイック起動メニューに対応

3Dタッチに対応した機種では、ホーム画面でSmoozのアイコンを強く押すことで、「ホームタブを表示」、「ブックマークを表示」、「プライベートモード」、「全タブを閉じて起動」などのアクションを指定してSmoozを起動することができます。


[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]



■アプリ概要

アプリ名:Smooz (スムーズ)
価格:無料
対応OS:iOS
AppStoreページ:リンク
公式ページ:リンク
公式Twitter: リンク

■本件に関するお問い合わせ

アスツール株式会社 加藤雄一
TEL: 050-5899-4188 / Eメール: info@astool.co.jp

■アスツール株式会社について

アスツール株式会社は「人間の能力を拡張する未来の道具を創る」をミッションに2016年3月30日に設立された会社です。同年8月にSkyland Ventures、 伊藤将雄氏、中川綾太郎氏よりシード資金を調達。代表者の加藤は、ソニー、楽天で一貫してスマホ関連プロダクトの企画・立ち上げに携わり、個人開発者としてリリースしたアプリ”TennisCore”ではApple Watch Best of 2015を受賞。日本で最もプロダクト・ドリブンで、エンジニアが楽しめる会社を目指しています。

(別紙) Smoozのご紹介

■アプリの特長

1.考え抜かれたタブ操作

Googleの検索結果には「新規タブで開く」ボタンを設置し、検索結果を連続してタブで開くことができます。通常のページでは、リンクを長押し(もしくは強く押す)して、新規タブを開きます。横にスワイプするとタブが切り替わり、検索ボタンを上にスワイプするとタブを消すことができます。

2.検索単語予測

ユーザーが読んでいるページを人工知能で解析し、検索単語を入力する前に次の検索単語を予測します。ユーザーはサジェストされた単語をタップするだけで検索をすることができます。

3.スマートブックマーク

ユーザーが読んでいるページについたコメントをワンタッチで見ることができます。ユーザーがウェブページをブックマークすると、フォロアーに通知され、好みの記事がホーム画面に届くようになります。

アプリの使い方動画:リンク

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]




■ユーザーエンゲージメントの上昇

Smoozは、Twitter・App Storeにおけるレビュー・ユーザーテスト・アプリ内でのチャットによるサポート、さらにはアプリから開発者への直通電話を用意し、あらゆるチャネルでユーザーフィードバックを集めています。それらを元に、リリース以来10週間で10度に及ぶ超高頻度のアップデートを実施。

その結果、ユーザーごとの1日の起動数はリリース当初の2.8回から6.9回に、ユーザごとの1日のウェブページ閲覧数は27ページから98ページへと飛躍的な伸びを記録しています。Smoozは、今後もユーザーに寄り添った開発によって、継続的なサービス改善を図っていきます。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。