logo

AIを活用して小説作品の分析ができる WEBサービス「ツギクル」、本日12月21日より、作品分析サービスの正式提供を開始

ツギクル株式会社 2016年12月21日 16時33分
From PR TIMES

ソフトバンクグループでインターネットサービス事業および出版事業を行うツギクル株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役社長:土橋 康成) は、AIを活用して、小説をはじめとするWEB上のコンテンツを分析し、作品の人気度などに応じて商品化していくWEBコンテンツポータル「ツギクル」において、本日より、AIを活用した作品分析サービスの正式提供を開始しました。



「ツギクル」はWEB発クリエイターの活躍が珍しくなくなった流れを背景に、作家などを目指すクリエイターに最新のIT技術による環境を提供し、WEB上での創作活動を支援する目的で誕生したサービスです。「ツギクル」のサイト内に小説などの作品を投稿できるだけでなく、自分のブログやWEBサイトに作品があれば、どなたでも登録することが可能です。作品ページを「ツギクル」へ登録することで、アクセス数などの人気指標がランキングで表示されるほか、登録されたコンテンツの人気指標をもとに、次にくるトレンドを捉えた商品開発を行っていきます。

今回提供を開始する作品分析サービスは、「ツギクル」に投稿されている小説作品に対して、AIを活用した分析を行い、後日、分析レポートを提供するものです。レポートの内容には、テキスト解析エンジンが事前に学習したデータを基にした、小説作品に対する総評、カテゴリーとの相性、構成要素、文章の読みやすさ、文章の傾向、文章の構造、相性のよい作品に関する分析などが含まれます。

AI作品分析サービスは、まず第一弾としてツギクル上で「ファンタジーブレイン」と呼ばれるファンタジージャンルの小説のビッグデータを基軸として、作品の傾向や特徴を分析します。分析の基軸となる小説のビッグデータのジャンルは、今後他のジャンルにおいても順次対応して参ります。


<AIを活用した作品分析レポートのイメージ>
(1) 総評のイメージ
[画像1: リンク ]


(2)構成要素のイメージ
[画像2: リンク ]

小説作品の構成要素(ファンタジー・恋愛・SFなど)の割合を示すグラフと、特徴語の表示。


(3)その他イメージ
[画像3: リンク ]

平均文長、句読点間隔、各種ワードの出現率、空行率、セリフの割合、異なり形態素比率、単語の重複率…、などの要素から、文章の読みやすさ、文章の傾向、文章の構造について診断。

今回の作品分析サービスを通じて、「ツギクル」が作家のみなさんのWEB上での創作活動の一助となることを望んでいます。

なお、現在「ツギクル」に投稿、登録されている作品を対象にした「第1回ツギクル小説大賞」を実施しています。「大人が本当に読みたい作品」をテーマに、1月31日までの期間、ジャンル不問で幅広い作品を募集していますので、奮ってご応募ください。

「第1回ツギクル小説大賞」の詳細については、以下のWEBページをご参照ください。
リンク


■「ツギクル」について

1.サービス概要
誰でも無料でWEB上の作品を発表(登録)したり、発表作品を閲覧できるサービスです。小説大賞の開催や、クリエイター自身による出版申請、小説作品のAI分析サービスなど、多彩なメニューでクリエイターの創作活動の可能性を広げ、作家デビューの機会を創出します。

サービス名称:ツギクル
正式オープン:2016年11月30日
WEBサイト:リンク
公式Twitter:@tugikuru (リンク)
公式Facebook:@tugikuru (リンク)
サービス利用料:無料

2.特長
(1)無料で小説やブログなどの作品発表や閲覧ができる
(2)ランキングで人気の作品は、クリエイターが自ら出版申請を行うことがで
きる
(3)小説大賞の開催
(4)AI技術を組み込んだ作品分析サービスを提供
※AIREV株式会社のテキスト解析エンジン (自然言語処理、機械学習、テキストマイニングなど)「Cohaku」を採用しています。


■会社概要
商号:ツギクル株式会社
代表者:代表取締役社長 土橋 康成
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木2丁目4-5
設立:2016年4月
事業内容:インターネットメディア事業、出版事業
株主:SBクリエイティブ株式会社
URL:リンク

商号:AIREV株式会社
代表者:代表取締役社長 林 佑磨
代表取締役   森岡 幹
所在地:〒115-0042 東京都北区志茂5丁目13-16
設立:2014年10月
事業内容:自然言語処理、機械学習を核とする基盤技術・ソフトウェアの研究・
開発・販売
URL:リンク


本件に関するお問い合わせ先
ツギクル株式会社 E-mail:contact_ml@tugikuru.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事